大学院

ニュース

  • LINEで送る

2017年5月29日  ニュース

トークイベントのお知らせ「GLOBAL ART TALK 007」

こんにちは、大学院からトークイベントのお知らせです。

森美術館チーフ・キュレーターであり 本大学院芸術研究科教授 片岡 真実 が企画する GLOBAL ART TALK(昨年度までの ULTRA X HAPS TALK から改名しました)。今回は日本でも話題となった『 人工地獄 』の翻訳者である 本大学院芸術研究科客員教授 大森 俊克 が、クレア・ビショップ の多様な視点を紹介します。

入場無料、学外からの申し込みも可能となっておりますので、多くの方にご来場いただければ幸いです。

 

 

 

GLOBAL ART TALK 007  ― 参加型アートの系譜:クレア・ビショップ『人工地獄』を中心に ―

 

クレア・ビショップは、現在ニューヨーク大学大学院センターの教授を務める美術史家で、近現代美術を専門としています。彼女は「敵対と関係性の美学」(2004)で大きな注目を集め、それ以降美術批評家としてもアートシーンに欠かせない存在となっています。そのビショップが5年の歳月を費やした『人工地獄:現代アートと観客の政治学』(2012年に原著、2016年に邦訳が出版)は、1990年代以降の「参加型アート」の動向を、20世紀の演劇やハプニング、政治運動に結びつけるという、独自の歴史観から書かれています。

GLOBAL ART TALK 007では、日本でも話題となったこの『人工地獄』の翻訳者である大森俊克氏に、クレア・ビショップの多様な視点を紹介してもらいます。

 

 

日程 2017年06月06日(火)

時間 19:00 〜 20:30

場所 京都造形芸術大学瓜生山キャンパス 智勇館1階

入場無料、申込必要

申込方法 ①氏名、②人数、③連絡先電話番号あるいはメールアドレス、④ご職業(学生の場合は大学名)を

                GLOBAL_ARTTALK@office.kyoto-art.ac.jp までお送りください。

 

主催 京都造形芸術大学大学院、東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)

お問合せ GLOBAL_ARTTALK@office.kyoto-art.ac.jp

書籍「人工地獄」の表紙書籍「人工地獄」の表紙

 

関連記事

<7891011>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。