アートプロデュース学科

インタビュー

  • LINEで送る

2017年5月31日  インタビュー

【在学生体験談】1日体験入学オープンキャンパス その②

前回の上村双葉さんに引き続き、一日体験OCの在校生インタビュー第二弾をお届けします!

1日体験OCへの参加を経て、今年の4月からアートプロデシュース学科に入学した平山希実さん。

大学生になって1ヶ月ほど経った今、1日体験入学OCの感想や現在の大学生活について聞いてみました。

体験入学OCに参加予定の人はぜひ読んでみてください!

 

1日体験入学オープンキャンパスについての詳細はこちら!☟

OPEN CAMPUS 2017 1日体験入学開催!

 

 

平山希実さん:インタビュー

IMG_1331

①体験入学OCに参加した理由は?

アートプロデュース学科のOCには高校2年生の頃から顔を覚えてもらうくらいに参加していて、先生方や在校生の方に大学入学に関しての相談などにのってもらっていました!その関わりがあって、実際にアートプロデュース学科(通称:ASP)の授業や雰囲気をもっと知りたくて参加しました。

 

  1. ②体験入学OCの授業を受けてみてどうだった?

初対面の人と話すのがすごく苦手なんです!はじめは抵抗がありました(笑)

でも授業を受けてみたら、面白かったんです。写真作品を見ながらのグループワークだったんですけど、自分の意見に対して周りが批評してくれたり、「そんな考えもあるんや!」って言われた時は、はじめての体験で嬉しかったです。

 

  1. ③体験入学OCで、特に心に残ったことは?

はじめは周りの人の目が気になりすぎて、なかなかすぐに発言することができなかったんです。こんなこと言ったらどう思われるんだろうとか…!考えすぎて。でもがんばって話してみると、共感や意見があって、思っていた以上に楽しかったですね。そんなグループワークを通して、友達ができたことは心に残っています(笑)

あとは、ASPが何をしているところなのかいまいちよくわからなかったんですけど、授業を受けて先生方と関わってみると、これまで行っていたOCよりも具体的にASPの取り組みや雰囲気がよくわかりました。

 

IMG_6444

IMG_6432

 

  1. ④いまの大学生活はどう?

授業の課題でいっぱいいっぱいです(笑)

常に目の前に何かがある状態なんですが、それをこなすのを今はがんばっています。大変だけど、いつかそれが何かの為になると信じて課題に向き合っています。また、ASPの学生はいろんなところに就職していて進路の選択肢が多いのも魅力なので、今後自分のやりたいことをじっくり探していけるのが楽しみです。

 

  1. ⑤これからどんな大学生活を送りたい?

自分から人と関わったり、意見を言える状態を継続していきたいと思っています。

これまでは人と話すのが苦手だったんですけど、今は自分から意見を言えたりすることができてきました。大学に入ると周りにしっかりしている学生が多いんですよ!なので、自分から発信していかないとせっかく大学に来た意味がないなと思っています。ASPには新しいことに挑戦する環境が整っているので、常にがんばっていこうって思えますね。

 

IMG_1332

  1. ⑥これから体験入学OCに参加する高校生へメッセージをどうぞ!

もし参加するのを迷っている人がいたら、参加したほうがいいです!先生方と関われるので、今後の入試対策にもなるし緊張も解けます!友達を作りに行くのもいいし、体験してみたら学科に対して新しい発見が必ずあると思います。自分が学科を見定めに行く気持ちで、参加してみてください。

 

IMG_1339

平山さん、ありがとうございました!

 

1日体験入学OCへの参加申し込みはまだまだ受け付けています!

ぜひお気軽にご参加下さい〜

OPEN CAMPUS 2017 1日体験入学開催!

 

 

asp

関連記事

<2728293031>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。