通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年6月10日  授業風景

【ランドスケープデザイン】新入生の授業紹介「環境デザイン概論」(スターター)

ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。

 

ランドスケープデザインコースを無事卒業してゆくには、まず1年次(3年次編入生は1・2年次)に課せられたテキスト科目を合格することが重要であることから始まります。
そのため、今年度から開講された新入生対象の「環境デザイン概論[ランドスケープデザイン]」(スターター)では、テキスト科目への取り組み方について、事例をまじえ具体的に説明が行われました。そして、スケッチ課題(樹木の部分や全体、庭石、風景などをスケッチする課題)、製図基礎課題(実際に美しい製図をつくる課題)がある2科目については、実際に教員による指導も行われました。

 

それでは先月の実際に開催されたスクーリング「環境デザイン概論」(スターター)の様子を、解説つきで紹介したいと思います。
スクーリングの熱のこもった、学生そして教員双方の姿勢が見て取られると思います。

 

まずは、1日目のスケッチ課題の取り組み方から

①スケッチ課題。藤部恭代先生(京都)が課題内容について解説しているところです。

①スターターIMG_2931

②スケッチの立方体と球体の描き方指導の様子。

②デザイン表現基礎スケッチIMG_2952

③藤村克裕先生(東京)によるスケッチ指導。一人ひとりを丁寧に指導してくださいます。

③デザイン表現基礎スケッチIMG_3222

④屋外にてスケッチ。皆さん、楽しそうですね。

⑤デザイン表現基礎スケッチIMG_2968

藤村克裕先生、こちらでも頑張ってくださっています。

④デザイン表現基礎スケッチIMG_3258

スクーリング2日目は、製図基礎の取り組み方について学びます。

⑥井上智治先生による製図基礎の演習指導。学生も先生も真剣そのものです。

⑦製図基礎IMG_3002

⑦学生自身のPCにイラストレーター、オートCADのインストール指導。こちらも丁寧に指導しますので、パソコンが苦手な人も安心です。

⑨pc操作基礎IMG_2998

充実した2日間でしたね。

屋外スケッチ演習時に皆で集合写真を撮りました。卒業まで皆で支えあい、頑張っていきましょう。

⑩スターター 記念写真IMG_2955

ランドスケープデザインコースでは多分野にわたるランドスケープデザイン専門科目を、基礎から応用まで、じっくり指導してゆきます。

どうぞ、期待ください。

 

ランドスケープデザインコース | 学科・コース紹介

関連記事

<8384858687>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。