文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年6月19日  ニュース

卒業生情報|ボーカルとダンスのマガジン「VDC」編集してます!

 
2011年度卒業生の山末あつみさんより、「VDC」最新号が届きました!
 

VDC Magazine No.005

VDC Magazine No.005


VDC Magazineとは、
「ボーカル」と「ダンス」に焦点を合わせて、アーティストの魅力を伝えるためのフリーマガジンです。全国のCDショップなどで50,000部配布されているそうです。グラビアやインタビューやコラムとともにCDの紹介なども載っています。
 
最新号では、おなじく卒業生の大江和希くんもライターとして参加しています。
 
VDCバックナンバー

VDCバックナンバー


VDCの誌面

VDCの誌面


山末さんは、大学を卒業後、
京都のラジオ番組制作会社に勤め、京都や大阪のラジオ番組でADとして働いていました。
ときには原稿を書いたりすることもあったそうです。
その後、東京のガジェット通信に転職し、いまはVDC事務局でこのフリーマガジンの副編集長をしています。
 
「大学では劣等生だった」と本人は言っていますが、ぜんぜんそんなことはなくて、
学生時代も授業の課題とはべつに、自分の好きなバンドに取材して、フリーペーパーを発行したりしていたし、そうした経験がいまの仕事にも活きてるんじゃないかなと思います。
 
東京で会ったときに、
実は昔からガジェット通信で働きたいと思ってたという話をききました。
夢を実現して、頑張ってる姿はたくましく(笑)、
これからもますます活躍してほしいなと期待しています!
 
 
スタッフ・竹内
 
 
 
 
 

関連記事

<12345>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。