映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年6月19日  ニュース

6月23日〜25日、高原校舎にて『学生クライム映画祭』開催

製作コース4回生の阪元裕吾さん(8期生)が監督した、新作自主制作映画『ハングマンズノット』がこの度、カナザワ映画祭2017にて上映される事になりました。

これを記念して、阪元組の呼びかけで6月23日から25日、京都造形芸術大高原校舎試写室にて、学生有志による『学生クライム映画祭』が開かれます。

 

上映は学外の方もご覧いただけます。観覧ご希望の方は、本ページ下部に記載のご予約方法をご覧ください。

 

IMG_8825

 

[上映プログラム]

 

 

6/23(金)

 

Aプログラム
18:00〜『ハングマンズノット』(阪元裕吾監督 90分)

 

 

6/24(土)

 

Aプログラム
13:00〜『熊五郎』(中村瞳太監督 4分)
    『ゆれてますけど。』(辻 凪子監督 11分)
    『Abduction』(林 拓海監督 40分)

 

Bプログラム
14:30〜『サマー・オブ・ラブを踊って』(工藤梨穂監督 28分)

 

Cプログラム
15:30〜『巨大生物 Who are you?』(鳴瀬聖人監督 3分)
    『べー。』(阪本裕吾監督 38分)

 

Dプログラム
17:00〜『ハングマンズノット』(阪元裕吾監督 90分)

 

 

6/25(日)

 

Aプログラム

13:30〜『べー。』(阪元裕吾監督 38分)

 

Bプログラム
14:30〜『ハングマンズノット』(阪元裕吾監督 90分)

 

Cプログラム
16:30〜『修羅ランド』(阪元裕吾監督 38分)

 

 

[会場]
京都市左京区田中高原25
京都造形芸術大学 高原校舎 試写室

 

[料金]

無料(※カンパ制)

 

[問合せ・予約方法]
希望日、該当日ABCDのご希望のプログラム、名前、ふりがな、人数、をご明記の上、下記gmailアドレスよりご予約ください。(ご返信をもって、予約完了とさせていただきます。)

 

takahara2017eiga@gmail.com

 

学生クライム映画祭twitterページはこちらです。 → https://twitter.com/you_senden

関連記事

<5657585960>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。