通信教育部

インタビュー

  • LINEで送る

2017年6月30日  インタビュー

教員コラム⑥「初心忘るべからず」/森田都紀教員

 

初心忘るべからず

和の伝統文化コース 森田都紀教員

 

これは、世阿弥という能役者の言葉です。よく知られている言葉ですが、こんにちでは、物事を始めた頃の新鮮な気持ちや志を忘れてはいけないというような意味で使われがちです。しかし、世阿弥自身はそのような意味で使っていませんでした。

世阿弥は「初心」をはじめて物事にあたるときの未熟な状態と捉え、芸を極めるための指標として最初の未熟な状態を忘れてはならないとし、「初心忘るべからず」と言ったのです。だから世阿弥は「初心にかえる」のは未熟な頃に戻ることだとし、否定していました。いまでは「初心にかえって行いたいと思います。」というような言い回しも聞かれますが、これは世阿弥の本意とは言えませんね。

 

「初心」に対する世阿弥の考えは、『花鏡(かきょう)』という伝書でまとまって知ることができます。そこでは「初心忘るべ からず。この句、三ヶ条の口伝あり。是非の初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず。この三、よくよく口伝すべし。」と書いていて、役者人生における三つの「初心」を説いています。すなわち、修行を始めた若い頃の未熟な芸を常に忘れず、年とともに時々に相応しい演じ方をその都度学び、老後もまた新しい境地を切り拓いていかなくてはならないという意味だと思います。

また『風姿花伝』の「第一年来稽古条々」では、生涯の芸の基礎となる二十四、五歳 の「初心」の時代はもちろん、生涯を通じて「稽古は強かれ、情識はなかれ」(稽古は厳しく行い、かつ慢心ゆえの強情はあってはならない)と書き、戒めています。

こうした「初心」をめぐる世阿弥の言葉からは、失敗を身につけ、精進し続けることの大切さを改めて考えさせられます。芸術や学問に携わる私たちにも染み入る言葉ですね。

 

 5和の伝統

THE NEW YORK PUBLIC LIBRARY DIGITAL COLLECTIONS

Scene of Noh drama.”

 

 

学科コース紹介|和の伝統文化コース

関連記事

<6970717273>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。