アートプロデュース学科

インタビュー

  • LINEで送る

2017年6月23日  インタビュー

【在学生体験談】どのように進路選びをおこなった?

  • みなさん、こんにちは。アートプロデュース学科(ASP学科)です。いかがお過ごしですか?

ASP学科では1日体験入学オープンキャンパスの第2回目、そして7月に2日間連続で開催される夏のオープンキャンパスに向けて着々と準備を進めています。

 

そこでASP学科では、今年の4月に入学した田染早都さんに彼女の進路決定についてインタビューを行いました。

田染さんは、さまざまな芸術大学のオープンキャンパスに参加しました。たくさんある関西の芸術大学を見ていく中でなぜ造形大に決めたのか、今後の大学生活をどのように過ごそうと考えているのかを聞いてみました。高校生のみなさんはぜひぜひ参考にしてみてください!

 

 

田染早都さん:インタビュー

 

IMG_2897

  • ①なぜ芸術系の進路を考えた?

高校ではもともとデザインの勉強をしていました。1年生で構成や色彩といった基礎を学び、2年生で技術をつけて、3年生では卒展に向けてひたすら制作する日々でした。作ることは好きだったのですが、途中周りにいるセンスが良くて才能もある人をサポートしてあげることの方が向いているかもと思いだしました。制作系というよりは企画や作家サポートの方に興味が出たので、そういう方面に特化している学科を探しはじめました。

 

  • ②進路決定に向けておこなったことは?

オープンキャンパスに参加することと、いろんな大学の合同説明会には積極的に参加していました。あと、美術系の高校だったので、美大の情報は学校や自宅に届くパンフレットや周りの先生たちから入手していました。その中で印象的だったのが、「日曜日に気になる大学を見に行ってみなさい」と先生に言われたことですね。日曜に行けば、オープンキャンパス時や平日の雰囲気とは違った教職員や学生の過ごし方、大学の学生への対応が見られるからって言われて。実際に普段の大学の様子がよくみえたので、このアドバイスは役に立ちました。

 

  • ③オープンキャンパスはどこに参加した?

関西では、京都造形芸術大学、嵯峨美術大学、成安造形大学、京都精華大学。関東では、女子美術大学のオープンキャンパスに参加しました。

その他、話をきいたり資料をみたりしていたのは、神戸工科大学、京都工芸繊維大学、大阪芸術大学、武蔵野美術大学など、専門学校も含めいろいろ調査していました。造形大のオープンキャンパスには、6回参加しました(笑)

 

 IMG_6961あ_MG_7790

  • ④他の大学と比べ、なぜ京造/ASPを選んだの?

オープンキャンパスに参加したとき、実際に大学内を歩き回って施設や設備を見ながら、授業や行っている活動について話してくれる「キャンパス見学ツアー」があったんです。学生生活を一番イメージしやすい体験でした。大学の説明会やオープンキャンパスって、話をきくだけっていう対応が多いと思うんですが、造形大は積極的に質問してくれたり、ツアーを行ってくれたりしたのが良かったです。その中でもASPを選んだのは、学びたいことに繋がる分野であったことと、オープンキャンパスや体験授業でひとりひとり名前を覚えていてくれていたり、実際に学科に通う先輩になんでも質問できる距離の近さが決め手でした。質問の答えに対しても、「めちゃくちゃ忙しいよ」とかネガティブなことも隠さず伝えてくれるところが進路について一緒に考えてくれている気がしました。それだけ学科のことや人と関わるっていうことに力を入れてるんだと思いました。

 

 IMG_2911

  • ⑤今の大学生活はどう?

先輩たちに言われていた通り、課題や活動で忙しいです(笑)。でも、たくさんの人と関われるということに関してはとても充実しています。今後自分のためになるかわからないけど、いろんな人から話を聞いて、吸収したいです。そのためになんでも自分から積極的に行動しています。ASPはそういったきっかけが多いので、どんどん関わっていきたいです!

 

  • ⑥これからどんな大学生活を送りたい?

ASPの先輩たちみたいになりたいです!!大学に入学してすぐ、先輩たちと関わる機会が多いのですが、とにかくスタミナと行動力があります(笑)あと、なにか意見を言うときは、メリットとデメリットの両面から物事をみて提案をする姿勢、メールや話すときの連絡の仕方がしっかりているところなどに学べる点が多いです。高校生の自分だったら気づかなかったことを身近な人たちから学べるのでありがたいですし、早くそういうふうに動けるようになりたいと思っています。

 

IMG_2922

  • 最後に高校生にメッセージをどうぞ!

自分とは違う視点や経験、自分が学べてないことを学べるチャンスが大学にはあります。

最初の一歩は緊張しますが、常にたくさんの人や場所、物事に関わってほしいなと思います。

 

◎田染さん、ありがとうございました!!

 

 

【お知らせ】

 

京都造形芸術大学では、夏に多数のオープンキャンパスを実地します。

■ 7月9日(日):1日体験授業オープンキャンパス

大学の授業を実際に体験出来るオープンキャンパスです!この回で最終となります。

ぜひご参加下さい☞OPEN CAMPUS 2017 1日体験入学開催!

 

■ 7月22(土)、23日(日):入試対策オープンキャンパス

高校3年生にとっては夏コミの入試対策に!高校1、2年生もぜひ遊びに来てください。

詳細はこちら☞入試対策オープンキャンパス 2017!

 

アートプロデュース学科では、高校生アート・サポーター・プロジェクト(通称:ASPer)も行っています。

学科が運営するギャラリーARTZONEで、アートと人、アートと社会をつなぐさまざまなプログラムをご用意しています。次回で最終回ですが、まだまだ参加者募集中です!ぜひご応募ください。

■ 7月16日(日):『展覧会の裏側ってどうなっているの?』

詳細はこちら☞アートと私たちの未来をつくる「高校生アート・サポーター・プロジェクト 2017」

 

 

asp

 

関連記事

<2122232425>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。