映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年7月6日  ニュース

Charlie’s Kyoto Tours京都プロモーションコンペ授賞式!

「京都を訪れる外国人観光客の方々へ、京都の食を紹介する」というテーマで募集された、1分間プロモーション映像のコンテスト「Charlie’s Kyoto Tours京都プロモーションコンペ」において、二回生短編映画ゼミから応募した学生三人の1分間映像が、なんと三冠を受賞しました!このほど授賞式が、高原校舎で行われました!

IMGP4196

受賞者は、最優秀賞に『ラーメン』廣井駿介さん。優秀賞に『職人と客をつなぐもの』唯野浩平さん、『あぶり餅』川島千京さんです。

おめでとうございます!

(下写真:左から、Charlie’s Kyoto Toursの茶谷匡晃さん、廣井駿介さん。唯野浩平さん、川島千京さん)

IMGP4277

Charlie’s Kyoto Toursの茶谷さんからの、各作品への受賞理由です。

最優秀賞:『ラーメン』監督:廣井駿介

受賞理由:「臨場感があり、ラーメンに興味が湧き、食べたくなる内容でした。映像がテーマに沿ったストレートなものでわかりやすかったです。」

IMGP4253

優秀賞:『あぶり餅』監督:川島千京

受賞理由:「ローカルな日常の風景が非常に印象に残りました。店で働く人々や京都の情景は、海外から来る人にとって魅力的なものに映るはずです。」

IMGP4220

優秀賞:『職人と客をつなぐもの』監督: 唯野浩平

受賞理由:「映像の美しさが際立っていました。京都らしさ、和菓子職人の仕事、そして職人、お客さんの両方の視点にたった映像が興味深かったです。」

IMGP4228

海外の人に京都を発信する、「Charlie’s Kyoto Tours京都」の公式サイトはこちらです。 → http://ja.charlies-kyototours.com/

今回受賞しました三作品は、今後WEB上で見る事ができるそうですので、またお知らせいたします。

関連記事

<4950515253>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。