文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年7月6日  ニュース

【誠光社にて】京都の学生たちによる『いまからノート』展

 
現在、河原町丸太町にある書店「誠光社」さんにて、
京都の学生たちによる『いまからノート』展
が開催中です。
 
imakara_04
 
『いまからノート』(青幻舎刊)は、自分で書き込んだり、写真を貼ったりする、「エンディング・フォトアルバム」です。
 
今回、誠光社の堀部篤史さん(文芸表現学科で編集の授業も担当してもらってます)からお声かけいただき、藤本智士さん(編集者)の詩と、福田利之さん(イラストレーター)の原画とともに、文芸表現学科の学生たちが書き込んだ『いまからノート』も展示することになりました(じつは美術工芸学科など他学科の学生も少し参加してます)。
 
ノートでありながら、人に見てもらうことを前提としているため、学生たちは1冊の本を編集するように作成しました。なかにはフィクションが混ざっているものもあるし、亀の甲羅が挟まったノートや、コラージュが工夫されたノートなど、読み応え&見応えのあるノートが出来上がったのではないかと思います。
 
7月15日(土)まで展示中です。
祇園祭や、オープンキャンパス(今週末です!)のついでに、ぶらりと誠光社さんへお出かけください。
 

学生たちが書いた『いまからノート』は手にとって読むことができます

学生たちが書いた『いまからノート』は手にとって読むことができます


福田利之さんの原画もあります

福田利之さんの原画もあります


もちろんノートも売ってますよ

もちろんノートも売ってますよ


京都の学生たちによる『いまからノート』展
開催日:2017年7月1日(土)ー 2017年7月15日(土)
時間:10時-20時(最終日は18時まで)
場所:誠光社(京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437)
料金:無料
http://www.seikosha-books.com/event/2450
 
 
 
週末の1日体験オープンキャンパスについては、下記よりご覧ください。
 
170607_b
 
 
スタッフ・竹内
 
 
 
 
 

関連記事

<678910>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。