文芸表現学科

日常風景

  • LINEで送る

2017年7月8日  日常風景

新入生研修旅行へ行ってきました

 
6月24日から1泊2日で、新入生研修旅行へ出かけました。毎年恒例のこの行事、今年は直島・豊島、そして讃岐の金毘羅宮へ行ってきました。
1日目は直島と豊島に分かれて、グループで美術館などを見学しました。港への到着がギリギリになり、フェリーに乗れないのではないかと本気であせりましたが、まさに間一髪で到着。全員無事に出港できてほっとしました。
 

宇野港から直島行きと豊島行きに分かれて乗船

宇野港から直島行きと豊島行きに分かれて乗船


宮浦港(直島)にて

宮浦港(直島)にて


フェリーはテンションあがりますね(笑)

フェリーはテンションあがりますね(笑)


草間彌生の作品

草間彌生の作品


たくさん歩きました

たくさん歩きました


豊島美術館への道のり。棚田と海がきれいです。

豊島美術館への道のり。棚田と海がきれいです。


豊島美術館

豊島美術館


檸檬ホテル

檸檬ホテル


 
2日目は雨のなか、金毘羅宮にお詣りし、
お昼は中野うどん学校で、手打ちうどん体験に参加しました。
 
うどん玉をのばします

うどん玉をのばします


170624_udon01
4mmの幅に切っていきます

4mmの幅に切っていきます


170624_udon03
うどん玉を踏みます

うどん玉を踏みます


音楽に合わせて踏みます

音楽に合わせて踏みます


ジャンプ! ジャンプ!

ジャンプ! ジャンプ!


直島では、大型バスがあることを忘れて、みんな徒歩で島を歩こうとしたり(笑)、
豊島では、帰りの旅客船に乗れないピンチを乗り越えたり、
ホテルでもいろいろ行き違いがあったりして、
こんなにトラブル続きの旅行は初めてでしたが、ケガや事故もなく、無事に帰って来られて良かったです。
 
 
スタッフ・竹内
 
 
 
 
 

関連記事

<1314151617>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。