美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2017年7月21日  イベント

【油画】オープンキャンパス『まとめ』と『予告』

皆さんこんにちは、美術工芸学科・油画コースです。

今週末はいよいよ、「真夏のオープンキャンパス」が開催されますね。

 

真夏のOCを迎える前に、一度これまでのオープンキャンパスを振り返ってみましょう◎

 

■4月29日(土)『春のオープンキャンパス』

DSC_5319

 

春のオープンキャンパスは、学科ブース型OC!

大学のメインフロアーに全学科、全コースがそれぞれのブースを出し学生さんを受け入れます。

DSC_5284

 

▲油画コース:東島 毅 先生と品川 美香 先生

…コース選びで悩んでいる学生さんに、美術工芸学科の魅力、油画コースの魅力、強み、面白さを丁寧に説明して下さいます。

 

▼作品やポートフォリオを持参してくれた学生さん。作品の講評や制作のアドバイスもどんどん受け付けています◎

DSC_5331

 

今週末開催の「真夏のオープンキャンパス」も、春と同じく学科ブース型のオープンキャンパスです。

今回も版画とデッサンのワークショップを企画していますので、どうぞお楽しみに◎

————————————————————————–

 

■6月11日(日)『一日体験授業 オープンキャンパス』

DSC_5563

 

『一日体験授業 オープンキャンパス』では、実際に大学になったつもりで各学科、コースの授業を受けることができます。

油画コースではこの日、基礎デッサンの授業を行ないました。

 

DSC_5571

 

この日の描画材料は「コンテ」。鉛筆とも木炭とも違った風合いの線で、柔らかくも、力強くも、はたまたシャープな表現も可能です。

DSC_5580

 

▲もくもくと画面に向かう参加者の学生さん。ためらい無く、ザッザッとコンテを動かしていきます。

 

▼こちらは現役大学生。油画コース3年生、学生スタッフ松岡さん。

コンテを重ね、練り消しも使って細部まで手を加えます。

同じ材料・道具・モチーフでも、それぞれ個性のある仕上がりになりますね。

 

DSC_5585

 

▼最後は外に出て講評会。電灯の下で見るのと、自然光の中で見るのとでは見え方、感じ方も変わります。

それぞれの作品を鑑賞して今回は終了◎

DSC_5586

 

——————————————————–

 

■7月9日(日)『一日体験授業 オープンキャンパス』

…7月の1日体験は、油彩で自画像を描く授業です。この日のテーマは『大胆に描く』!

DSC_6031

 

▼筆で描く・指で描く・布で描く…今日、この時の自分は今しか描けないのです◎

みんな思い思いに『いまの自分』を描いていきます。

DSC_6028

 

▼最後は前回と同じく青空合評会◎

DSC_6003

 

 

DSC_6009

全員で作品を鑑賞して写真撮影。作品にはふたをして、更にリボンをかけてお土産にしました◎

そして2~3週間後、絵の具が乾いた頃にふたを開けたら完成しているはずです。

そろそろ良い頃合ではないでしょうか?玉手箱、開けてみて下さい^^

 

DSC_6054

 

明日から始まる、京造・真夏のオープンキャンパス。

大学選びに迷っている人、作品制作に悩みがある人…なんでも相談して、心配事や心の中のモヤモヤを吹き飛ばして下さい!

会場でお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

 

オープンキャンパスの情報はこちらから▼

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-22_07-23/

 

美術工芸学科・油画コース

関連記事

<910111213>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。