プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2017年8月31日  イベント

“学生作品展”準備中です!

 

 

みなさん、こんにちは*

 

みなさん、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

もう8月も終わり!日も少しずつ短くなってきて、朝晩も涼しくなってきましたね。

ふと秋の訪れを予感させる今日この頃です。

 

さて、京都造形芸術大学では9月に「大瓜生山祭」という学園祭が開催されます

⇒昨年の様子はコチラ

 

この学園祭では、“見世物小屋”(お化け屋敷!)や“フードコロシアム”

(学科対抗のフードブース)、1年生が制作した“ねぶた展示”等、盛りだくさんの

内容なのですが、それに合わせて3年生が制作した作品を学科ごとに展示する

“学生作品展”も開催されます!

 

学生作品展は主に学生主導で、展示コンセプトやロゴ、展示方法等を決めていきます◎

 

今年のテーマは、「暮らしのおくりもの」です。

 

自分達の作品をどう展示していくのか、展示を行うためには何が必要なのか、

展示について学べる良い機会でもありますね。

 

こちらはリーダーミーティングの様子です☆

 

pd_170829b

空間、グラフィック、制作等、グループに分かれて全員で準備していきます。

みんなで協力して、自分達が思い描く作品展になると良いですね◎

 

pd_170829c

 

今年は、9月16日(土)、17日(日)の2日間*

どんな学生作品展になるのか・・・お楽しみに!

 

twitterも是非ご覧ください!↓

 京都造形芸術大学プロダクトデザイン学生作品展 @KUAD_PD_2017

 

 

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。