マンガ学科

イベント

  • LINEで送る

2017年9月5日  イベント

「マンガ鬼合宿」に行ってきました!!

去年からスタートした「マンガ鬼合宿」。

今年も2~4年生の中から選抜された8名が東京で濃厚な5日間を過ごしました。

 

まず、1日目は講談社で「週刊ヤングマガジン」「月刊少年マガジン」「少年マガジンエッジ」「別冊フレンド」「デザート」編集部の方に原稿を見ていただき、編集部の見学もさせていただきました。

DIS_xCCUIAE1xaOIMG_0572IMG_0886IMG_0887

 

2日目は小学館の「週刊少年サンデー」「ゲッサン」「ビッグコミックスペリオール」「Sho-Comi」「チーズ!」編集部へ伺いました。

IMG_0631IMG_0664

色んな編集部の方からアドバイスをいただけるのは、とてもタメになりますね。

そして忙しい中、長時間対応してくださった編集者の皆さんに感謝です!

 

 

翌日以降は他の出版社・編集部に各自、自分でアポイントを取って持ち込みを行いましたが、それ以外の時間は京都造形芸術大学の外苑キャンパスで朝から夜まで創作活動です。

通信教育部や一般公開講座での使用がメインなので、通学部の学生は滅多に使うことのない外苑キャンパス。

実は通学部でもこういった活動で使ったり、個人でも東京での就職活動をする際の活動拠点にもできるのです。

DIofWquVYAA5LwV DIofWqqUEAET1pk

去年はこの合宿の後、8名のうち2名が商業誌デビューを果たしましたが、今年はどんな成果が出るでしょうか。

今から楽しみです!

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。