通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年9月6日  授業風景

【大学院日本画分野】夏のスクーリング風景

皆さんこんにちは。

 

8月中旬、夏真っ盛りの中、
京都では日本画大学院のスクーリングが行われました。
                                                
M1は絹本制作、M2は修了制作という内容でした。
また、制作だけではなく、
青木芳昭先生の材料学や、竹内浩一先生の特別講義も行われました。
このあたりは大学院ならではの授業ですね。受講生の皆さんにとって、とても濃密な3日間となったのではないでしょうか。

                                                
いずれ大学院へいこうかな?と考えておられる方は是非、
以下の写真で雰囲気を見てみてくださいね。
                                                 
スクーリングに参加された皆さん、
暑い中おつかれさまでした!

 

P1040137山田真澄先生による絹本の描き方デモを行っています!

 

 

IMG_5936とても近い距離で先生の手元をしっかり見ることができます。

 

 

DSC04298絹本の制作風景。鶏頭がとても綺麗ですね!

 

 

 

 

DSC04302吉川弘先生による指導の様子

 

 

IMG_5956教室を移動して、こちらは実習棟の材料学研究室です。

青木芳昭先生の材料学の授業の様子

 

M1の授業ですが、M2の希望者の方も見学することができます。

 

IMG_5961いろんな素材にふれることで皆さんのインスピレーションも
刺激されたのではないでしょうか

 

 

DSC04133竹内浩一先生による特別講義の様子。今回は「心と描写力と感覚」というテーマでお話をしていただきました。

こちらはM1・M2全員が受講しました。

 

 

DSC04262作品についてお話しされる竹内先生。

先生にはこの日、制作のご指導もしていただきました。

 

 

DSC04275こちらはM2生の修了制作の様子。よく見るとイーゼルが2個並んでいますね!大きい作品です…!!

 

 

DSC04289たまには手をやすめて友達と絵について話したり。

 

 

IMG_5939         真夏の暑い中おつかれさまでした!

                                                 

日本画分野 | 美術・工芸領域 通信制大学院

                                              

日本画コース | 学科・コース紹介

                                                 

日本画コースブログ

 

関連記事

<3334353637>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。