歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年9月13日  ニュース

夏休みの学生たちの活動-民族(俗)資料の点検作業-

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

日増しに秋の気配が濃くなってきていますね。

9月16日(土)・17日(日)に秋のオープンキャンパスと学園祭が開催されるにあたり、学内も

賑わいをみせてきています。

 

さて、今回は夏休みの学生たちの活動と題しまして、毎年夏休み期間中に行なっている

国立民族学博物館での民族(俗)資料の点検作業の様子をお届けいたします!

 

 

 

 

-----------------------------------------------

 

大阪府吹田市の万博公園の一画に国立民族学博物館(民博)があります。

1970年代に開催された万博では、世界各国の民族()資料が収集され、太陽の塔の地下で展示されていました。

こうした資料を引き継ぎ、世界の民族について総合的に研究する博物館として設立されたのが民族学博物館です。

 

京都造形芸術大学の附置研究センターである日本庭園・歴史遺産研究センターでは、

この貴重な民族()資料の点検作業に協力し、毎年歴史遺産学科の学生が15名ほど参加しています。

 

 

民博収蔵の標本資料を毎年1200点ずつ点検作業を行っています。

標本資料は衣類をはじめ、各国の民族()資料です。

点検作業とは、標本資料を構成している素材と形態を調査カードの“材質分類”に従って分類し、

それらに異状がある場合は、その発生個所と内容をチェックするものです。

 

 

学生たちは、授業で習得した資料の取り扱いや記録方法などを実際の現場で生かす良い機会となっています。

しかし民族()資料の特徴として、資料を構成している素材が多岐におよぶこと、

さらに民博収蔵資料の特徴として、世界各国から収集されているため、その材質やそれらに発生した異状を特定しなければいけません。

このことから多くの資料を限られた期間内で点検するということは容易ではありません。

 

本作業は、実践的でかつ応用力を要し、特に資料の材質については多くの種類を見極める訓練となっています。

 

 

 

 

点検作業の様子

 

IMG_4777

 

 

IMG_4743

 

 

 

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。