通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年9月22日  授業風景

【陶芸コース】卒業制作スクーリング

今回の陶芸コースのブログは前回の卒業制作のスクーリングを紹介します。

1回目のスクーリングでアイデアをまとめ、いよいよ今回、制作にかかります。

3日間でもかなり制作は進みました。

何点か作る人、次のスクーリングでも今回の継続で作る人と作り方もいろいろですし、作る技法も千差万別です。

 

1:手びねりで猫の仏像を制作中。背中の部分を閉じればほぼ完成です。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

2:あとは細かいところを仕上げます。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

3:石膏原型から石膏で型を取ります。

3

 

 

 

 

 

 

 

 

4:原形を半分土に埋めます。

4

 

 

 

 

 

 

 

 

5:石膏を流し込むため周りを囲みます。

5

 

 

 

 

 

 

 

 

6:石膏を流し込みます。

6

 

 

 

 

 

 

 

 

7:半分の方が取れました。さらに残り半分の型を取ります。

7

 

 

 

 

 

 

 

 

8:石膏型の中で底になる部分を手びねりで作ります。

8

 

 

 

 

 

 

 

 

9:土を立ち上げていって。

9

 

 

 

 

 

 

 

 

10:求める大きさと形にひねり上げます。

10

 

 

 

 

 

 

 

 

11:段ボールの型紙に合わせて土を張り付けます。

11

 

 

 

 

 

 

 

 

12:段ボール毎組み立てます。

12

 

 

 

 

 

 

 

 

13:段ボールを外して完成です。

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14:輪を作ります。表面のひび割れは水ガラスを塗ることで作れます

14

 

 

 

 

 

 

 

 

15:輪を積み上げていって作品にしていきます。

15

 

 

 

 

 

 

 

 

16:手びねりとレリーフの作品です。

16

 

 

 

 

 

 

 

 

17:鋳込みによる作業です。鋳込み型に泥漿を流し込みます。

17

 

 

 

 

 

 

 

 

18:時間をおいて泥漿を流しだします。

18

 

 

 

 

 

 

 

 

19:型を外すと完成です。いくつも作りそれを組み合わせます。

19

 

 

 

 

 

 

 

 

20:タタラを組み立てます。

20

 

 

 

 

 

 

 

 

21:これは穴をあけて、何になるのでしょう?

21

 

 

 

 

 

 

 

 

22:芯に土を置いていきます。

22

 

 

 

 

 

 

 

 

23:芯の周りに土を張り付けていくと・・・。いろいろな作り方があるものです。

23

 

 

 

 

 

 

 

 

24:手びねりとロクロの併用で形を作っていきます。

24

 

 

 

 

 

 

 

 

25:ロクロではできない形が生まれます。

25

 

 

 

 

 

 

 

 

26:ロクロで挽いた形に文様を刻みます。

26

 

 

 

 

 

 

 

 

27:細いひもを作り、隙間ができるように積み上げていきます。

27

 

 

 

 

 

 

 

 

28:地層のような作品ですが、ちょっとおいしそう!

28

 

 

 

 

 

 

 

 

29:紐に泥漿をつけて型の中に張り付けていきます。

29

 

 

 

 

 

 

 

 

30:ちょっと実験をしているよう!

30

 

 

 

 

 

 

 

 

31:タタラで組み立て、かなり繊細な仕事です。

31

 

 

 

 

 

 

 

 

32:途中で田中先生による急須作りのワークショップが入りました。

32

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業制作もこれからが佳境に入ります。皆さん頑張って展覧会にはいい作品を出してください。

 

陶芸コース|学科・コース紹介

陶芸コースブログ

 

関連記事

<89101112>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。