プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2017年9月29日  イベント

学生作品展*「暮らしのおくりもの」

 

みなさん、こんにちは!

少しご無沙汰になってしまいました。みなさん、いかがお過ごしですか??

 

もうすっかり秋めいた空気になってきましたね~

朝晩とお昼間の気温の変化が激しく、私は少し風邪を引いてしまったような・・・

気がするのですが(鼻に不具合が発生中)、気のせいだと自分に言い聞かせつつ、

今日も元気いっぱいに過ごしたいと思います◎

 

さて、少し前のことになりましたが、9月16日(土)、18日(月)に学生作品展が開催されました!

 

pd_170918b

 

台風の影響で、17日(日)が中止になってしまい、とても残念でしたが、それでもたくさんの方に

お越しいただきました。 ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました

 

pd_170918d

 

今回のテーマは、「暮らしのおくりもの」

前期授業で制作した作品の数々を、カテゴリーごとに分けて作品展示していました。

 

pd_170918c

 

こちらは来場者のみなさんに配布していた広報担当特製のDM達。

温かみのあるボール紙に、学生がデザインしたロゴをレーザー加工機で1枚ずつ作成しました。

とても愛らしいので、私も机に飾っています!

 

pd_170918e

 

教室の奥では、学生作品の販売も行っていました~

こちらは手作り市に出店した作品をみんながさらにブラッシュアップしていたこともあり、

売り切れする作品も続出でした◎

 

pd_170918f

 

3年生のポートフォリオ(作品集)も自由に中身を閲覧できる状態にセッティング。

ここの受験を考えてくれている高校生達にとって、授業内容や学生の活動記録が垣間見れる

良い機会になったのではないでしょうか。

 

pd_170918g

 

3年生がコンセプトから展示方法、広報活動まで、とても頑張ってくれたおかげで、

密度の濃い学生作品展になったのではないかな、と学生達に心から拍手です。

本当にお疲れさまでした!

 

この経験が、良い面、反省する面、何かしら学生達の中に残るものであってほしいなと願うばかりです。

 

お足元が悪い中、ご来場いただきましたみなさん、改めてありがとうございました!

関連記事

<23456>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。