アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年10月23日  授業風景

【ACOP】スラックライン体験!

昨年からACOPの授業で開催されている「スラックライン」が今年も行われました!

「スラックライン」とは、ライン状のベルトの上を渡っていくスポーツで、綱渡りのようなものです。

 IMG_5929

「両手を伸ばすとラインの上でバランスが取りやすいよ」と、まずは伊達先生からレクチャーしていただき、その後はそれぞれ3つのグループに分かれて綱渡りに挑戦です。

 IMG_5873

集中力とバランス感覚が必要になるので、最初は思ったように進まず、ラインの上で激しく揺れる学生も…! 周りの人に支えてもらって、なんとかライン上を歩いていきます。

落ちてしまっても、何度も挑戦する学生たち。

 IMG_5913 IMG_5998 IMG_5896

みんな練習に練習を重ね、はじめはほとんど歩けなかったのが暫くすると…

 

 IMG_6016

 IMG_5888

IMG_5902

ひとりでも渡れるようになったり、颯爽と渡ったり、一番高いラインもブレずに行けるようになりました。たった数十cmでも、渡れたときは本人も周りもとても嬉しそう!

一見するとスラックラインはACOPと何のつながりもないように思えますが、周りのみんなとどう取り組んでいくか考えたり、物事を成し遂げていくために具体的に行動し、挑戦し続けたりするところなどはACOPにも通じるところがあったと思います。

 

 IMG_5984

来週にはACOP説明会もあり、鑑賞会本番まであとわずか。

後期のACOPもグループ全体で協力し合いながら、素敵な本番を迎えられると良いですね。

みなさん、おつかれさまでした!

関連記事

<12345>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。