歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年10月30日  ニュース

旧藏内邸で秋を楽しむ。庭園鑑賞会のご案内

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

今回は、歴史遺産学科教授の仲 隆裕先生がお話される公開講座のご案内です。

 

 

 

114()に福岡県の旧藏内邸にて

庭園の見方や見どころ、建築や煎茶との関係のお話を聞き、庭を楽しむ庭園鑑賞会が開催されます!

庭園については歴史遺産学科教授の仲 隆裕先生、建築については京都工芸繊維大学の矢ケ崎 善太郎先生がお話されます。

 

この庭園は仲先生のご指導で修復され、名勝として国の文化財指定をうけました。

実際に庭園を鑑賞しながら歴史遺産の保存・修復・活用についての専門的な知識を学べる貴重な機会です!

 

 

 

詳細は下記をご覧ください。

みなさま、是非ご参加ください!!

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

旧藏内邸 庭園鑑賞会

日時:2017114() 13001600

会場:旧藏内邸(福岡県築上町上深野396番地)

定員:100

参加費:300

お申し込み方法:電話で事前申込。TEL0930-52-3771

 

20171025174248-0001 20171025174312-0001

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。