大学院

ニュース

  • LINEで送る

2017年11月6日  ニュース

修了生・在学生の活躍

第4回CAF(Contemporary Art Foundation)賞

 

現代芸術振興財団(ZOZOTOWN)主催の第4回CAF賞で、修士課程2016年度修了生(油画分野)の松谷しおり(小山しおり)さん大久保沙也さん、現M2生(総合造形領域)の油野愛子さん3名が入選しました。
最終審査の結果、松谷しおり(小山しおり)さん審査員賞(薮前知子・東京都現代美術館)を受賞、大久保沙也さん審査員賞(白石正美・SCAI THE BATHHOUSE代表)を受賞しました。

 

サイト
http://gendai-art.org/award4/entry.html

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

CAF賞はZOZOTOWN会長でアートコレクターの前澤友作氏が主催する、学生に向けた全国区の現代美術コンペティションで、若手の登竜門として年々注目度が高まってきています。
特に今回の第4回ではニュースでも取り上げられたように、前澤氏が123億円で落札したバスキアの作品と入賞者の作品と一緒に展示される事が話題になっています。(会期は11月5日まで)

 

数百点の応募の中から最終選考に残った16名の入選者の中で、本学大学院が私立芸大としては最多の3名、
そのうち2名が受賞者になった事は快挙です。ちなみに東北芸工大出身で現在は京都芸大大学院の皆藤齋さんは、昨年度のサマーキャンプ参加者です。

 

授賞式とパーティは代官山ヒルサイドフォーラムで多くのアート業界関係者や芸能人も来場して盛大に行われ、参加した修了生からとても良い経験ができたと報告がありました。

 

芸術研究科准教授 大庭大介

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

caf4_finalists_1019

 

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。