通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2017年11月6日  イベント

【芸術教養学科】大人の遠足=エクスカーション@海士町のご報告

01_amachou

みなさまごきげんよう!芸術教養学科 学科長の早川克美です。
芸術教養学科はインターネット上の学習だけで卒業できることが魅力ですが、対面での学びの場づくりにも積極的に取り組んでいます。
年に1度開催される「エクスカーション(大人の遠足)」もその代表的なひとつ。
今日は、10月28〜29日に開催したエクスカーションについてご報告させていただきます。

 

普段のネットだけのつながりから、実際に旅をしながら発見したこと、・感じたことを語り合う対面の機会はとても楽しく有意義です。初めて会う方もたくさんいますが、普段から学科内SNSで交流しているので、不思議とすぐに打ち解け、和やかな雰囲気に変わります。エクスカーションは、行く前の段階から始まっていて、SNSで事前学習をしたり、有志の方が「旅のしおり」を作って公開したりと、だんだんと旅への意識を高めていく過程も、参加者のみなさんが打ち解け合うことに役立っていると思います。

 

2014年には軽井沢、2015年には尾道、2016年には直島と、続けてきたエクスカーション、今回の目的地は島根県隠岐郡海士町、日本海の離島です。東京からでも片道6時間かかるという、行くにはかなりハードルの高いところですが、18名のご参加で、意欲的な1泊2日となりました。
01_amachou-2
本土・七類港からフェリーで3時間ゆられて海士町を目指します

 

「ないものはない」のキャッチフレーズで、離島の人口減少・過疎化の問題に正面から取り組んでいることでその名を全国に知らしめた「海士町」、今回は、その海士町の歴史にふれ、そこでIターンで島おこしに関わっている方々の話を伺い、生き方や働き方について、深く考える機会となりました。

01_amachou-3

日中は島巡り、島の産業や歴史遺産にふれます。

 

 

01_amachou-4
後鳥羽上皇が流されたことで知られる海士町・上皇をお祀りした隠岐神社

 

夕刻には、町営の学習塾・隠岐國学習センターを会場に、島の「教育魅力化プロジェクト」に参画しているIターンで移住された伊木さんから、プロジェクトのお話をレクチャーしていただきました。質疑応答も活発に、実りある時間となりました。

01_amachou-5
レクチャーの様子

 

夜は、島の海の幸山の幸でバーベキューの宴。昼間に感じたことを語り合ったり、日々の学習について語り合ったり、みなさん、こうした集まりでは、誰もがピュアな学生になられています。

01_amachou-6
楽しいバーベキュー

 

翌日、29日は早朝出発して隣の西ノ島へ渡り、絶景・摩天崖を散策しました。眼下に広がる海景を眺めて「杉本博司みたいだね」と誰かが言うと、「うんうん」と伝わるあたり、芸術教養学科のみなさん、アートが本当にお好きなんだと思います。

 

01_amachou-7
摩天崖の絶景

 

西ノ島から戻って、再び隠岐國学習センターで、今度はIターンで移住、島でグラフィックデザイナーとして活躍されている南さんから、島のデザインについてお話をうかがいました。

01_amachou-8
島で活躍されているグラフィックデザイナー・南さん

 

参加された方、それぞれが自分ごととして生き方・働き方を見つめ直す、そんな時間になったかと思います。

01_amachou-9r2

 

このようなエクスカーションはもとより、毎月全国のどこかでフライングカフェ(学習相談会)を開催するなど、芸術教養学科では、対面の学習機会も充実しています。これらは希望すればいつでも気軽に参加でき、学びの仲間をふやすことができるのです。大人になってから友達はできにくいといわれますが、同じ学びを志す方との出会いは、予想外に友情を育んでくれるものなのです。不思議ですが本当です。

来年は九州の別府を予定しています。
多くの方のご参加を楽しみに、充実した企画を練ろうと思っています。

 


 

【秋の京都で1日芸大生】秋の1日体験入学受付中!

 

芸術教養学科の体験授業は「芸術教養? 気になるあなたに」です。
入学をご検討の方は、この機会にぜひご参加ください。
*要申込。先着順。

 

授業名 :芸術教養? 気になるあなたに

開催日 :11/12(日)12:00〜

担当教員:加藤志織、下村泰史

持ち物 :筆記用具、メモ

 

詳しくはこちらから ↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/1day_autumn/

 


 

4学科教員による特別授業&卒業生ゲストトーク(東京外苑キャンパス)

 

「芸術教養学科(手のひら芸大)」「芸術学科」「美術科」「デザイン科」の学びについて、 それぞれの学科の教員による特別授業(講義やワークショップ)を開催します。 また、各学科の卒業生をゲストにお招きして、 実際に学んできたからこそのリアルな学生生活をお聞きいただけます。 個別相談の時間もございますので、是非お気軽にご参加ください! (受講料無料・事前申込制)

 

授業名:デザインと伝統を同時に学ぶ意義

開催日 :11/19(日)13:00〜

担当教員:早川 克美

持ち物 :筆記用具、メモ

 

詳しくはこちらから ↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/4d_autumn/

 


 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。