空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月7日  授業風景

空間デザインコース2回生 ”写真”の授業の合評風景

こんにちは。

 

今日は空間デザインコース2回生の授業の様子を紹介したいと思います。

先週は、後期からスタートした”写真”の授業の最終合評が行われました。

 

 

 

自分の作品をより他者へと伝わりやすくするためには、

様々なテクニックが必要ですが、中でもとっても重要なのが”写真”です。

 

作品をプレゼンテーションする時や、ポートフォリオを作る時、

より綺麗でかっこいい写真が撮れると全体のクオリティーも上がり、

より他者へと伝わるものにできること間違いなしです。

 

その技術を習得するために、カメラの使い方やブツ撮り、

ストロボ撮影のやり方など様々なテクニックを学んできました。

 

 

7回だけの授業ですが、あらゆる課題をこなし、

合評日には面白い作品がたくさんできていてとっても充実した合評になっていたと思います◎

 

 

 

先生方(右:成田先生/左:守屋先生)もと〜〜っても丁寧に講評して下さっていました!

 

DSC_0083

DSC_0037

 

 

最終課題の内容は、テーマ自由の組写真10枚のブックとセルフポートレートです。

みんな様々なテーマを持って撮影していて面白かったです◎

 

 

ただ写真を撮るだけではなく、ブックにするための構成を考えたり、

写真を見た人に何を伝えたいのか、どんな気持ちになってほしいのかを

それぞれのテーマに沿ってしっかりと考えられていました。

 

DSC_0095

DSC_0012

DSC_0001

 

 

お互いの作品を見て、ワイワイ盛り上がっている様子◎

 

DSC_0036

DSC_0031

 

今回の合評を終えて、先生や友達からのアドバイスをもとに

更にブラッシュアップされたものが、最終提出されるのを楽しみにしています^^

 

 

 

さて、来週からは”製本”の授業がスタートします!!!

様々な技術を習得することができる2回生の授業。

 

後期授業もあと半分!

みんな更に成長していくことでしょう〜笑

期待しています。

 

 

 

 

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。