キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年11月9日  ニュース

ロールモデル研究が行われました!

 

 

こんにちは。副手の今です。

キャラクターデザイン学科では

10/27()

10/29(日)

11/3()

3日間にロールモデル研究がおこなわれました。

 

ロールモデル研究とは1年生を対象に行っている授業で、

先輩や社会人の方のお話を聞き、将来のキャリアについて考えてもらう授業です。

 

10/27()56限目には、キャラデの先生方に就活や将来についての質問に答えていただきました!

 

 IMG_9757

「どうやって職種を選べばいいのか」

「会社の人は学生のどういうところを見ているのか」

など就活に対する不安に、先生方は自身の体験談を交えて楽しく語ってくださいました!

 

 

10/29()のロールモデル研究では、午前中は2年生の前川さん(CGゼミ)と杉山くん(プロデュースゼミ)の2人に来ていただき、

1年生の時の話や将来のことについて語ってもらいました。

IMG_3260

IMG_3253

杉山くんは、自身のオリジナルキャラクターを1万体も考えていて、ギネス登録を目指して頑張っているそうです!

前川さんは、ゲームの「FINALFANTASY」に憧れていて、将来はSQARE ENIXで働きたいそうです!

二人とも夢に向かってしっかりと努力をしていて、1年生も楽しみながら真剣に話を聞いていました!

 

 

午後からは実際に社会人の方にお越しいただきました!

ゲーム業界、2Dデザイナー、福祉関係のお仕事など幅広い職業の方にお話していただきました。

社会人の中にはキャラデ卒業生の先輩も来て話してくださいました!

IMG_3261 IMG_3268 IMG_3283

社会人のみなさまには、

「仕事をする上で大切にしている価値観」

18歳の自分に言ってあげたいこと」

「大学に戻れるとしたらなにをするか」

を中心にお話していただきました。

普段はなかなか聞くことの出来ない社会人の方々のお話を、とても興味深く話を聞いている様子でした!

 

 

そして11/3()には、最後のまとめとして「自分インデックス」に記入をしてもらいました。

 _MG_4091 _MG_4079

自分自身のキャリアについて改めてじっくりと考える良いきっかけとなったのではないでしょうか。

この授業で感じたことや学んだことをこれからの授業に活かしてほしいですね。

 

雨の中ご協力いただいた社会人のみなさま、本当にありがとうございました!

 

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。