舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月8日  授業風景

舞台芸術学科 11月の上演予定

こんにちは、スタッフの宇野です。

 

11月も始まり、今年もあと2か月を切ってしまいました。。。

舞台芸術学科では2年生以上の学生が前期より授業内、または各団体ごとに準備をすすめてきた公演が、

10月ごろより徐々に幕を開けていきます。

 

先月、卒業制作公演が2本終了しました。

卒業制作というだけあって、両公演ともこれまでの4年間で培ってきた成果が表れる公演になりました。

IMG_0210IMG_1895

ご来場いただきました大勢のお客様、本当にありがとうございました。

 

 

今月は2公演の上演が行われます。

・授業発表ダンス公演 ヤザキタケシクラス「bubble」

11月19日(日)16:30開演 

会場:京都芸術劇場studio21

yazaki

 

・卒業制作公演 椒(ハジカミ)「何てたって男の世の中」 作:レイチェル・クローザーズ

11月24日(金)19:00/25日(土)17:00/26日(日)12:00

会場:京都芸術劇場studio21

ハジカミ表

 

 

学生の公演とはいえ、それぞれの学年・一人一人の学生の個性が表れる、

見どころたっぷりの公演ですので十分楽しんでいただけます。

ご予約もまだまだ受け付けておりますので、是非ご来場くださいませ。

関連記事

<12345>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。