映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月13日  授業風景

文芸表現学科との合同授業「映画文芸表現研究 」終了

今期から後期集中授業として新たに始まった、文芸表現学科との合同授業「映画文芸表現研究 」(辻井南青紀先生・福岡芳穂先生・鈴木歓先生担当)が先週末に終了しました。

 

IMG_1671

 

小説と映画の違いを学生たちに発見してもらい、出来ないことは何か、出来るようにするにはどうすればよいかを話し合って、考えていきました。

 

IMG_1677

 

文芸表現学科の学生が書いた小説を映画学科の学生が演じ、かつ撮影し、編集したものを見て考えたり、映画学科の学生が演じたものを小説にし、また演じて撮影をし、見て考えたりと、複雑な過程を繰り返す中からいろいろなことが解ってきました。

 

文芸表現学科の学生たちもカメラで撮影したり、役を演じたりしました。

 

IMG_1679

 

また「沈黙について」、「同時性について」、「リアルとは何か」、「まなざしについて」、「人物を作るとはどう言うことなのか」、「見せないことで想像させる」などなどたくさんのことを話し合いました。

 

IMG_1701

 

様々な発見をし、学生ひとりひとりが考えることが出来た、双方にとってとても実りある授業になったと思います。

 

この授業で得たものがこれからの執筆や映画製作、演技に多分に活かされることでしょう。

 

PANA1515

 

来期はまたどんな授業になるのか今からとても楽しみです。

 

IMG_2400

関連記事

<12345>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。