通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月15日  授業風景

【情報デザインコース】課題を超えて、残したい物語 スクーリング科目「絵本制作」のご紹介

この授業では、ストーリーの構想から各ページのイラスト、最後には製本までを自分で行い、一冊の絵本を完成させます。最終的には自分だけのオリジナル絵本が出来あがるので、イラストレーションクラスの中でも人気の授業です。
写真1
まずはじめは、ちょっとした質疑応答の時間からスタート。
学生の方から紙に書いて寄せられた「絵本作家になるには」や、「賞やコンクールへの応募の仕方」といった質問に、先生自身のこれまでの経験も交えながら一つ一つ回答してもらいました。
普段、聞きたくてもなかなか具体的に教えてもらえない部分の話ですが、先生も楽しく親しみやすい話し方で、とても盛り上がっていました。
写真2
写真3

写真4

そして事前課題である、制作する絵本のエスキース(下絵スケッチ)の発表をします。

本の内容と、画材は何を使うかなどを、先生とやりとりをしながらアドバイスをもらいます。

写真5
写真6
写真7
その後、製本するにあたって理解しておかなくてはいけない、本の構造についての説明があり、製本する際に気をつける点などを聞き、これから作っていく本のイメージが大体掴めてきたところで、実際に本文ページの制作に入っていきます。

2日目はいよいよ製本の作業。
徐々にページ内容も出来上がってきた学生さんもチラホラいます。
先生は教室を見回りながら、一人一人について丁寧にアドバイスされていました。
写真8
写真9

そして出来上がった自分だけの本を持って、最後に発表です。
自分のうちの猫が主役だったり、ずっと興味を持っていることに関したお話を創作したり、または親しい人にプレゼントする為のものとしてなど、一人一人の想いのつまった個性ある作品が揃いました。
写真10
写真11
写真12
授業としては、もちろん課題制作なのですが、それを超えて、自分が描きたいものを描くという姿勢がみんなに見られていたのが、とてもよかったと思います。
本はずっと残るものなので、量産しなくても、誰か一人に向けた贈り物としてもいいと先生がおっしゃっていたのが素敵でした。

 

 

情報デザインコース 業務担当 山崎

 

 

 

情報デザインコース | 学科・コース紹介

関連記事

<89101112>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。