通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月25日  授業風景

【日本画コース】箔表現で天井画制作

こんにちは、通信日本画コースです。

先日、東京外苑キャンパスでは2年次科目の「植物制作」スクーリングが行われました。

前回ご紹介した植物写生の続きの授業です!(→→前回の記事)

 

今回の授業では、寺院の天井画をイメージした作品を制作します。 (写真は福井県・永平寺の天井画)

a1f9d4f007a8b2b293cf0b017754749b_s

 

四角い画面に丸い円を描き、円の内側に写生したユリを描き、外側に箔を押します。
箔の様々な技法や使用法を学び、今後の表現方法もグッと広がりそうな内容です。
image1

いざ、骨描き(墨線を描く)!

 

 

DSC01798

小瀧先生による箔押しのデモンストレーション

 

DSC01802

緊張の一枚目!!

箔はとても薄いものですので、扱いには技術が必要です。
教員のデモンストレーションや指導により、皆さんしっかり技術や知識を吸収!
見事に制作に活かされていました。                                                                         

DSC01816

教員(中央・木下先生)も指導に回ります。

                                               DSC01821

箔を切るのもちょっとした知識と技術がいります!

 

DSC01828

円の内側、ユリにも手が入ってきました。

 

                                               DSC01835

皆さん、意欲的に進めておられます!

 

DSC01854時々離れて見ることも大事です!

 

DSC01860

離して見つつ、横山先生(手前)と相談

 

 

DSC01893

砂子のデモンストレーションの様子

 

DSC02027

作品をずらりと並べて、合評の様子

                                                                                             
円窓に収まったユリが生き生きと描かれ、素敵な作品たちができあがりました。
最後に、全員の作品をずらっと並べた様子は圧巻でした!!

この日、帰宅の時間には台風の影響で雨が、、、
受講された皆さんが無事にご帰宅されるのを願うばかりでした。
皆さん、お疲れさまでした!!

                                               
日本画コース | 学科・コース紹介
日本画コースブログ

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。