美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月24日  授業風景

【日本画】一回生 モノタイプ

こんにちは。

今日は日本画コース、一回生のモノタイプの授業風景を紹介しようと思います。

モノタイプと聞いてピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、版画技法の一つでマットフィルムという透明フィルムに絵を描き最後に上から紙を載せローラーなどで圧をかけてやると、紙に絵が反転して刷れるというもので、複数回も刷れないのが特長です。

 

▼今回のモチーフは流木と牛骨、そして学生たちが持ち寄ったもので構成しました!

_MG_9894

_MG_9931

 

 

▼皆さん、未知の世界ながらも技法、画材、モチーフに喰らいつき制作していました\(^o^)/

20171122_153944

_MG_9908

20171122_154503

 

▼いろいろなものを使って描いてみようということで、筆はもちろんペインティングナイフ、歯ブラシ、素手で描く人まで制作方法を模索しながらさまざまな作品を作り上げていました!!

_MG_9893

_MG_9897

 

 

▼紙を上から載せ刷ってやると、思わぬ効果が出たり、絵が反転するのでそこもこの課題の楽しいところです。

_MG_9899

 

 

▼出来上がった作品たちを教室の壁に貼っていきます。どの作品も本当に素晴らしかったです!!

 作品に埋め尽くされていく教室∑(゚Д゚)

_MG_9923_MG_9930

_MG_9925のコピー_MG_9905

_MG_9937

 

次は、同じモチーフで日本画制作に入ります。今年度をしめる最後の課題です!!

皆さん、がんばりましょう!!

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。