情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年12月4日  ニュース

在校生が京都留学生ショートムービーコンテストで受賞!

 

大学コンソーシアム国際事業部主催の「京都留学生ショートムービーコンテスト」において、

情報デザイン学科2年生の劉 芸希 (リュウ ユンシ)さんが審査員特別賞観客賞をW受賞しました!

 

受賞作品はこちらとなります。

 

Feeling Kyoto (2分59秒) 芸希

 

作者コメント:
「京都留学生ショートムービーコンテスト」のテーマは京都留学の魅力ということで、最初に頭の中に浮かんだのは定番の観光スポットでした。けれどそういったイメージは留学じゃなくても体験でき、留学の魅力というより観光の魅力だと思いました。
京都の観光も大事な要素ですが、実際に留学してみて京都を観光するより学校にいる時間のほうが大半だったので、私が普段京都で生活する中で実際感じたこと、起きたことをテーマに作品を制作しました。
夏休み中1人で慣れない作業をするのは大変でしたが、力を貸してくれてた先輩たち、相談乗ってくれてた友達、作品を見てシェアしてくれた方々、今回賞に選ばれたのは沢山の方の力を借りてできたことです。
沢山の人の力を大事にして、これからもいろんなことをチャレンジして行きたいと思います。

====================

本当におめでとうございます!!

今回の受賞を経て、今後の制作への大きな励みとなることを期待しています。

 

 

スタッフ/ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。