キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年12月4日  ニュース

野村先生が大学コンソーシアム京都にて講義を行いました!

 

こんにちは。

11月25日(土)にアニメーション領域を担当されている野村先生が大学コンソーシアム京都の講義を行いました!

IMG_9995

 

大学コンソーシアム京都とは、加盟している京都の大学が連携して授業やプロジェクトを行う団体です。

今回の講義には立命館大学の学生が30名ほど参加していました!

 

野村先生には、「アニメーションのリアル」と「アニメーションと琳派」の2講義を行っていただきました。

「アニメーションのリアル」では、映像の歴史から、普段私たちが見ているアニメーションがどのような仕組みで動いているのか・

アニメーションの技法についてお話いただきました。

 

「アニメーションと琳派」では、”そもそも琳派とはなにか”をお話いただいたうえで、

今年卒業したキャラクターデザイン学科の学生が制作した琳派誕生300年記念PRムービーを観てもらいました!

11317025_TakuKimura IMG_9999

 

その後はキャラクターデザイン学科の卒業生作品を見てもらいました。

野村先生が「100年後、この作品が琳派になっているかもしれない。」

とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

アニメーションとはこんなにも見る側のことを考えて作られていたのだなと驚きました。

受講していた一般大学の学生のみなさんも、普段は聞くことの出来ない授業に関心を持ってくれているようでした!

 

野村先生ありがとうございました!!

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。