アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年12月7日  ニュース

ACOPが週刊誌「AERA」に掲載されました

アート・コミュニケーション・センター(ACC)が行っている「ACOP(対話型鑑賞)」の学外での取り組みが、12月4日に発売された週刊誌「AERA」に掲載されました。webサイト「AERA dot.」より、本誌に掲載されていた記事を読むことが出来ます。(サイトへは記事タイトルまたは写真からどうぞ)

単なる美術作品の鑑賞という枠には収まらない、実社会にも活かされる「対話型鑑賞」の幅広い可能性について取り上げていただきました。

ぜひご一読下さい!

 

 

美術で「芸大から医学部へ」 学生を激変させた「対話型鑑賞」とは?

https---dot.asahi.com-aera-2017113000040.html (20171207)

 

大手企業研修に「美術鑑賞」 製造業の現場でも導入される理由

https---dot.asahi.com-aera-2017113000043.html (20171207)

asp

 

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。