Home > 在学生専用サイト > イベント・プロジェクト/Information > 「TOPPANの仕事展」

「TOPPANの仕事展」

戻る

「印刷」で培ってきたノウハウを活かして、証券・カード、商業印刷、出版印刷、パッケージ、高機能部材、建装材、ディスプレイ関連、半導体関連の8分野で多彩な事業を展開している凸版印刷。鉄道博物館の建築や故宮博物館のデジタルアーガイブなども手がけています。
そんな凸版印刷の全面協力のもと、実際の仕事に直に触れられる「TOPPANの仕事展」を開催します。中には競合他社には見せられない仕事もあるとのこと。この機会をぜひ活用ください。

「TOPPANの仕事展」
日時:1/27(木)10:00-17:00(入場は16:30まで)
会場:人間館NA201
対象:本学在学生、教職員

<展示内容(一部)>
・グラフィックトライアル2010
「グラフィックデザイン」と「印刷表現」の関係を深く追求し、新たなグラフィック表現の可能性を探す試みです。トライアルされた4名のクリエイター、新村則人氏、菊地敦己氏、福岡南央子氏 、仲野昌晴氏の作品を展示紹介します。
・ユニバーサルデザインコーナー
・地域貢献プロジェクト紹介