Home > 在学生専用サイト > イベント・プロジェクト/Information > 特別授業「田島征三の世界 -自然・ひと・アート-」

特別授業「田島征三の世界 -自然・ひと・アート-」

戻る

信州小諸にある「茶房 読書の森」の20周年展が京都で開催されるのを機に、絵本作家・美術家の田島征さんを本学にお迎えし、特別授業をしていただくこととなりました。
全学科対象ですので、ぜひ参加ください。

日時:10/7(月)18:00-19:20
会場:NA403
参加費無料、予約不要
共催:こども芸術学科、ASP学科、NPO法人地球デザインスクール
協力:情報デザイン学科、NPO法人こどもアート

田島征三プロフィール (主な活動歴、公式サイトより抜粋)
1940 年 大阪府生まれ。高知で幼少期を過ごす。絵本作家・田島征彦は双子の兄。
1962 年 多摩美術大学図案科卒業。大学在学中に手刷り絵本『しばてん』制作。
1969 年 『ちからたろう』にて第2回BIB 世界絵本原画展金のりんご賞。
1974 年 『ふきまんぶく』にて第5回講談社出版文化賞。
1989 年 『とべバッタ』で絵本にっぽん賞受賞。
1990 年 同作で小学館絵画賞受賞、年鑑イラストレーション作家賞受賞。
1992 年 少年時代を書き綴った『絵の中のぼくの村』を出版。
1996 年に、東陽一により映画化され、ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞。
2003 年 5 年間の木の実による作品をまとめた作品集『きみはナニを探してる?』(アートン刊)
2004 年 まつだい農舞台ギャラリーにて個展「生命の記憶 木の実 田島征三展」。
2009 年 第四回越後妻有アートトリエンナーレに、廃校になった小学校をまるごと絵本にした「絵本と木の実の美術館」開館。
2010 年 フランス パリ アルサンピエール美術館「アール ブリュット ジャポネ展」に出品。
2012 年 第5 回越後妻有アートトリエンナーレ「どうらくオルガンちちんぷいぷい」作品出品。
2013 年 瀬戸内国際芸術祭「青空水族館」作品出品。香川県高松市 大島