Home > 在学生専用サイト > イベント・プロジェクト/Information > <〆切延長>「アジア芸術教育協議体(ALIA)国際会議2013 -芸術教育による平和創造-」参加学生募集!

<〆切延長>「アジア芸術教育協議体(ALIA)国際会議2013 -芸術教育による平和創造-」参加学生募集!

戻る

昨年10月、本学の交流協定校である韓国芸術総合学校(韓国・ソウル)の呼びかけで、より良い世界のための芸術教育をめざして、アジアの芸術大学のネットワーク「アジア芸術教育協議体(ALIA=Asian League of Institute of the Arts)」が設立されました。
ヨーロッパで20年以上の歴史を持ち、300以上の大学が加盟するELIAの姉妹版であるこのネットワークの国際会議が、12/20(金)に本学で開催されます。
アジア15ヶ国17大学1機関の学長が集まって、これからのアート・デザイン教育について公開シンポジウムを行います。これからの世界を担う学生の皆さんにも、ぜひ聞いていただきたいと思います。本学学生は、【先着30名】で、プログラムごとに参加できます。
希望する人は、下記の要項を読んで、【12/16(月)17:00】までに、申込書かメールで留学センターまで申し込んでください。

日程:12/20(金) 9:00-16:10
場所:ギャルリ・オーブ
費用:無料

スケジュール:
9:30- 開会式
10:00- 基調講演
     ・「学校・地域社会への芸術教育プログラム -東北芸術工科大学の事例から-(仮題)」 根岸 吉太郎(東北芸術工科大学 学長)
     ・「学校・地域社会への芸術教育プログラム -韓国の事例から-(仮題)」 Park Jae Eun(韓国文化芸術振興院 院長)
11:00- 提言プレゼンテーション&パネル・ディスカッション「芸術平和学の教材共同制作」
     プレゼンター:宮島 達男(京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 副学長)
     パネリスト:ヤノベケンジ(京都造形芸術大学 教授)、Martinus Dwi Marianto(インドネシア芸術大学ジョクジャカルタ校 教授)、Choi Junho(韓国芸術総合学校 企画処長)
13:30- ラウンドテーブル・セッション「アジアの芸術、芸術教育の国際化」 
     ・台湾における成功事例 Yang Chyi-Wen(国立台北芸術大学 学長)
     ・モンゴルにおける成功事例 Erdenetsogt Sonintogos(モンゴル国立文化芸術大学 学長)
15:20- オープンディスカッション「アジアの芸術教育発展のための実践的な交流の可能性について」
     司会:宮島 達男(京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 副学長)
15:50- 閉会式・「京都アジェンダ」調印式

申込方法:
(1)窓口の場合
「参加申込書」に記入して留学センター窓口(人間館中2階奥 入学課内)に提出。
・申込書受領後、「予約確認書」を渡します。国際会議当日には、必ず予約確認書を持参してください。
(2)メールの場合
「参加申込書」の内容をメール本文に記載、件名を「ALIA学生申込」として下記アドレス宛に送信。
 送信先:cie@office.kyoto-art.ac.jp
 ※必ず、上記のメールアドレスからのメールを受信許可にしてください。
・申込受付後、予約確認書をE-mailにて送付しますので内容を確認して下さい。国際会議当日には、予約確認書を持参して下さい。
申込締切:12/19(木) 12:00まで ※先着順にて定員30名になり次第、受付を終了します。

参加大学:
<インド>ジャワハルラール・ネルー大学
<インドネシア>インドネシア芸術大学ジョクジャカルタ校
<ウズベキスタン>国立造形芸術大学
<カザフスタン>カザフスタン国立芸術大学、カザフスタン国立教育大学
<韓国>韓国芸術総合学校、韓国芸術文化教育振興院
<シンガポール>ラサール・カレッジオブアート
<台湾>国立台北芸術大学
<中国>中国人民大学
<トルコ>ミマシナン芸術大学
<日本>京都造形芸術大学、東北芸術工科大学
<ネパール>ラリッカラ美術大学
<マレーシア>国立伝統文化芸術アカデミー
<モンゴル>モンゴル国立文化芸術大学
<バングラデシュ>ダッカ大学
<ベトナム>ハノイ演劇映画アカデミー

主催:京都造形芸術大学 東北芸術工科大学 <後援:国際交流基金、京都府、京都市>
問合せ:京都造形芸術大学 留学センター TEL:075-791-8207/E-mail:cie@office.kyoto-art.ac.jp
URL:http://alia-artschools.org/design/index.asp