Home > 在学生専用サイト > イベント・プロジェクト/Information > 特別展「ミヒャエル・ボレマンス」

特別展「ミヒャエル・ボレマンス」

戻る

ベルギー王室からも依頼があるというゲント在住の画家、ミヒャエル・ボレマンス氏による初の墨絵展。
リトグラフの教育を受けた彼は、独学でレンブラントの模写を続け、油絵の技法を習得。
今展は、芸術大学の今後の教育メソッドを検討する試みとして、「もしも圧倒的 な技術、表現力を有し、異なる文化を背景にもつ現代アーティストが、 寺社の 襖絵や調度品を現地で制作すると、どのように心に伝わるのか?」という想像をきっかけに企画されました。
当学が2013年度より始動した国際大学院構想「国際競争力のある教育・研究体制づくり」の一環として今展は開催されます。

鑑賞いただくには、事前予約が必要です。
期間中10時から15時まで1時間おき(正午から午後1時を除く)にご案内いたしますので、ご希望の日時をお知らせください。
先着順にて受け付けます。

会期:2/20(木)-25(火)
鑑賞時間:10:00-、11:00-、13:00-、14:00-
会場:臨済宗 建仁寺塔頭 両足院
京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591
www.ryosokuin.com/
鑑賞料:本学在学生は学生証の提示で無料(通常500円)
定 員:20名[1回の鑑賞につき]要予約
申込み〆切:2/14(金)
お問合せ・鑑賞申込:
京都造形芸術大学 企画室
Tel. 075-791-9360
E-mail. kikaku@office.kyoto-art.ac.jp
http://kuad-entrance.com/

企画:京都造形芸術大学
協力:Zeno X Gallery、ギャラリー小柳
表具:宇佐美松鶴堂
告知デザイン:下田理恵

◎2014年1月11日(土)?3月30日(日),原美術館(東京・品川)にて「ミヒャエル・ボレマンス:アドバンテージ」が開催されます。
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html