Home > 在学生専用サイト > イベント・プロジェクト/Information > 6/18 特別講義 岸井大輔(劇作家)「演劇で、まちから作る・まちの入り口を作る・まちを支える」

6/18 特別講義 岸井大輔(劇作家)「演劇で、まちから作る・まちの入り口を作る・まちを支える」

戻る

劇作家で「PLAYWORKS」主宰の岸井大輔氏をゲストに特別講義を行います。本学通学部生は学科問わず聴講可能ですので、ぜひ参加ください。

アートプロデュース学科主催 特別講義「演劇で、まちから作る・まちの入り口を作る・まちを支える」
日時:2014年6月18日(水)16:30-17:50(5講時)
場所:NA412教室

ゲスト講師:岸井大輔氏(劇作家)
プロフィール:
劇作家。早稲田大学第一文学部卒。1995年、演劇以外の芸術ジャンルはそのジャンルを定義することでジャンルそのものを問い直した先達が現代芸術を創った(美術におけるバウハウス・デュシャン、音楽におけるシェーンベルク・ケージ・シェーファー、ダンスにおけるラバン・フォーサイスのような)が演劇にはいないことが演劇が近代芸術である原因だと考え、以後、スタニスラフスキーシステムなどの演劇創作の方法論を形式と捉え演劇概念を拡張する試行をし、演劇の可能性を問う作品群を発表している。
演劇を人間集団を素材とする芸術であると定義し、そこに立ち会う状況を作り出す作品が多いため、地域での滞在製作が多い。