Home > 在学生専用サイト > イベント・プロジェクト/Information > 【7日開催!ULTRA TALK 】これからのものづくりに求められる人材・表現とは?

【7日開催!ULTRA TALK 】これからのものづくりに求められる人材・表現とは?

戻る

デジタルファブリケーションと3Dの第一人者に聞く
これからのものづくりに求められる人材・表現とは?
―ウルトラ工房の未来に向けて

2017年、京都造形芸術大学の学生なら誰でも利用できる共通工房ウルトラファクトリーが、設備・機材・スペースを拡張し、これからのものづくりを見据えた新たな共通工房として生まれ変わります!
新しい工房を未来のクリエイションに向けて大いに活用してもらうために、最先端のものづくり事情をケイズデザインラボ代表の原雄司氏よりお聞きします。3Dデジタル技術の研究開発を活かし、商品開発、アート、医療、文化保存、エンターテイメントまで分野を横断してものづくりを提案されている原氏が、さまざまな事例を交えながら、これからのクリエイションの現場に必要とされる人材や表現のあり方をお話します。
トークの後、3D機器のデモンストレーションを行います。ふるってご参加ください!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////


ULTRA TALK
原 雄司(株式会社ケイズデザインラボ代表取締役)
日時:3月7日(火) 13:00-15:00
会場:至誠館2階S21教室
入場無料


原 雄司(株式会社ケイズデザインラボ代表取締役/慶應義塾大学SFC訪問研究員)
2006年に3Dデジタル技術を活用した新しいビジネス企画、3Dツール・技術の研究開発を行うケイズデザインラボを設立。「アナログとデジタルの融合で世界を変える」をミッションに、職人技のデジタル化、新技術の発掘など、新しいプロセスの開発に取り組む。さまざまな分野を横断して3Dデジタルものづくりを提案している。
ケイズデザインラボ:http://www.ksdl.co.jp/