Home > 在学生専用サイト > 学生会/Information > 代議員総会 議長選挙 立候補者 所信表明

代議員総会 議長選挙 立候補者 所信表明

戻る

来年度、代議員総会議長選挙 立候補者、文芸表現学科3回生、新川詩織さんの所信表明です。
現代議員議員は1月26日(火)の総会にて投票を行います。

現代議員議長の新川詩織と申します。2014年の10月より今日まで代議員議長を務めさせていただきました。今回、次年度も議長を継続したく、次年度への所信表明及び公約の更新をさせていただきます。
 「二年継続で議長を務めさせていただきたい」と考えた理由として、第一に前年度の公約があります。私は前年度の議長に就任した際、喫煙スペースの環境改善を公約に挙げていましたが具体的な改善を行うことができませんでした。そのことに決着をつけ、よりよい大学環境を整えていくために議長を継続したい所存です。
 第二に、一年間議長を務めて学んだことを生かし、より実りある成果とするために、もう一年議長を務めさせていただきたいと考えております。皆さま、何卒よろしくお願いいたします。

【公約】

 私は代議委員議長就任後、以下三点の実現に努めます。

・喫煙スペースの改善
 現在、喫煙スペースは大学のあらゆる場所に定められています。しかし非喫煙者からは「煙が流れてくる」「吸い殻が落ちている」という意見が、そして喫煙者からは「スペースのほとんどが外にあるので、冬は寒い」「雨の日や風が強い日はつらい」といった意見が出ています。私は、非喫煙者も喫煙者も関係なく、お互いが居心地よくいられる大学を目標にし、できる限りの改善を行います。
 前年度は喫煙スペース改善のためにアンケートを取らせていただいたほか、高原校舎、体育館前など喫煙所の調査を実施しました。前年度は実際の改善に繋がる活動をできなかったため、今年度は具体的な改善に努めます。

・総会の効率化
 代議委員の主な仕事として上げられるのが「総会への出席」です。課題制作や就職活動で忙しい中、毎月出席していただいている代議委員の皆さまの負担軽減を目標に、総会をより分かりやすく、スムーズに行えるよう善処いたします。

・ご意見、ご提案の実現
 代議委員議長とは、この大学をよりよくしていくための立ち位置であると存じております。そのため、各学科の代表である代議委員の皆さまからのご意見やご提案のほか、この大学に関わる皆さまからのご意見ご提案を可能な限り受けつけます。総会でのアンケートから直接の話し合いまで、この大学がよりよい場所になることに関して全力を注ぐ所存でございます。


文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコース 三回生 新川詩織