Home > 在学生専用サイト > 学生生活/Information > 猛暑襲来!熱中症を予防しよう

猛暑襲来!熱中症を予防しよう

戻る

梅雨明けし、夏本番を迎えました。京都でも高温注意情報が発表され、熱中症で多くの人が搬送されています。
体育館や舞台、スタジオなどの室内でも、暑い中で運動や制作に集中していると熱中症になることがあります。

急に暑くなった日や湿度が高い日、風が弱く日差しが強い日、久しぶりに暑い環境下で活動した時には、発汗による体温調節が上手くいかず、熱中症で倒れる人が多くなっています。
発熱、風邪、睡眠不足、二日酔い、食事抜きなどでコンディションが崩れているときは、熱中症になりやすいので、日頃からの健康管理、予防が大切です。

<熱中症予防には>
・こまめに水分と電解質を補給 (スポーツ飲料、梅干しや塩アメなどで塩分補給)
・体温調節機能はエアコンを補って (適度に扇風機やエアコンを使用し、気温、湿度調整を。すだれなどによる室温上昇の防止)
・暑さを避ける服装になる (汗の吸収や通気性の良いファッションを着用。日傘や帽子の着用)
・保冷剤や冷たいタオルなどによる体の冷却
・朝食は忙しくても毎日食べる
・睡眠をしっかり取って休養する
・適度な運動で筋力を保ち、汗がかける体質になる

動画で知ろう!熱中症8か条⇒http://www.otsuka.co.jp/health/heatdisorder「熱中症を予防しよう/大塚製薬」
「熱中症保健環境保健マニュアル」⇒http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html