お問合せ・資料請求 Webで授業を体験するWebで授業体験

入学説明会がスタートします

いよいよ2月1日より
出願受付スタート!

新しい1年
新しい自分が
始まります

予約不要
参加無料

芸大の学びが体験できる


入学説明会開催!


京都会場 2月 5日(日)


東京会場 2月19日(日)

ユメミル芸大生の声はこちら

芸大の学びが体験できる

入学説明会を開催します!

4学科13コース、資格課程の教員が参加し、
みなさまと直接お会いして教育内容をしっかりと説明します。
また「ミニ講義」では、各コース・課程の学びを実際に体験していただけます。
予約は不要ですので、ぜひこの機会にご参加ください。
みなさまのご参加を教職員一同、心よりお待ちしております!(予約不要・参加無料)

開催場所・日程

京都会場(瓜生山キャンパス)

2017年2月5日(日)

12:00 ~ 17:00(受付開始11:00~)

交通アクセス

東京会場(外苑キャンパス)

2017年2月19日(日)

12:00 ~ 17:00(受付開始11:00~)

交通アクセス

参加が叶わない方はWebで授業を体験しよう

ミニ講義

「芸術を学ぶことで変わる、私たちの暮らし」をテーマに
各コース・課程ごとに、教員によるミニ講義を開催します。
芸術大学の学びを体験できる特別な1 時間にぜひご参加ください。

ミニ講義例

  • 芸術教養の視点から公園を考える!
  • 運動を描く―未来派とキュビスム
  • 御土居と京の大仏さん―太閤さんの残したもの―
  • 手紙から始める小説作法
  • 花道のデザイン
  • 日本画の可能性を知ろう!
  • 描く楽しさを身につけて、生き生きと描きつづける人を育てる
  • 陶芸作品を作るための技法―タタラ成形技法―
  • 染織と色 素材そのものの色
  • 写真の御作法
  • 日常に潜むデザイン―キャラクターに命を吹き込む―
  • 建築への旅
  • 今こそ森林空間の風格を考えよう
  • 光と影の探求―空間やプロダクトから学ぶ光との付き合い方―
  • ミュージアムの裏側をのぞく―「あつめる」と「ならべる」の歴史から―

個別相談

コース別 説明会・教員個別相談

各コース・課程の教員が学習内容やカリキュラム等について詳しく解説します。

事務局個別相談

学費や出願手続き、履修方法について不安や疑問があればお気軽にご相談ください。

タイムテーブル

ユメミル芸大生に聞いてみました。

18歳から96歳まで、全国6,000名以上が学ぶ本学の通信教育部。
仕事を持ちながら、家庭を持ちながら、それぞれの「夢」や「目標」に向かって日々学んでいます。
今回は、そんなユメミル芸大生の声をご紹介します!

山下智子さん 60代 千葉県
[洋画コース]

若い頃からの絵を描くことへの憧れを、夢の世界で終わらせたくないと入学を決めました。仕事と家事の日々のなかで、先生の言葉に励まされながら絵を描き続け、卒業制作では学長賞を受賞。

川本修さん 60代 北海道
[陶芸コース]

陶芸を学びたいという強い思い、先生や仲間との出会いを支えにして、北海道から京都という距離を通い続けました。現在は自宅にギャラリーを設け、地元に作陶の輪を広げています。

加藤紀子さん 50代 愛知県
[芸術学コース]

主婦をしながら、趣味だった美術を学ぶために入学を決意。課題に悩みながらも、深く学べば学ぶほど得られる喜びの深さを知っていきました。

井出あいみさん 20代 東京都
[ランドスケープデザインコース]

金融業界で働きながらも、ランドスケープデザインの世界に携わる夢をあきらめきれず、入学を決意。今では念願の設計事務所への就職を果たし、日々夢へと近づいています。

林絵理さん 40代 神奈川県
[芸術教養コース]

ネットのみで芸大という斬新なスタイルに惹かれて本学科に入学。本学で得た感性、思考、そして学友とのつながりを大切にしながら自身の仕事であるマーケティング職でも活躍の場を広げています。

片岡智さん 40代 千葉県
[空間演出デザインコース]

ITエンジニアとカフェを営みながら、芸大生へ。学びを進めるにつれて、徐々に思考がほぐれていき、「なんでもないものを楽しくする技」をたくさん学ぶことができました。

渡邉真弓さん 40代 北海道
[写真コース]

通信だからとあまり期待していなかった出会いの豊かさに驚きました。学友たちにも刺激され、入学3年目に写真家としての独立を決意し、現在も活動を続けています。

萩森述子さん 30代 広島県
[建築デザインコース]

昔から興味のあった建築を芸大で学べると知り、即入学。図面や模型作りなど初めての学びにたちまち夢中になりました。建築士資格の取得を目指して、今後も学びを続けていきます。

誉田亜紀子さん 40代 奈良県
[文芸コース]

知人にすすめられて軽い好奇心で文芸コースに跳び込み、本の出版後は幅広く活躍。この場所で未知の本と出会い、先生や仲間との出会いのなかで人生が大きく変わりました。

北岡悦子さん 40代 大阪府
[染織コース]

着付けや和裁の経験から、「糸から着物を織る」原点を目指して本コースへ入学。初めての経験ばかりで戸惑いながらも学びの面白さに魅了されました。全国各地から集まった幅広い年代の仲間たちとは今でも交流が続いています。

市川昇一さん 40代 長野県
[情報デザインコース]

デザイナーとして、さらに広い知識を得ようと入学。「自分で考え、伝える場」の多さに戸惑いながらも、それを乗り越えることで「デザイン」を学ぶ大切な意味に気付いてきました。

川幡弘嵩さん 60代 富山県
[日本画コース]

仕事に一区切りつけたタイミングでもう一度大学で学びたいと思い、日本画という新たな世界へ。学生生活の中で、この大学の芸術を学ぶ「環境」としての素晴らしさも、あらためて感じました。