超域プログラム 制作学[Poietics]
千住 博 ラボ

Interdisciplinary Program: Poietics

社会における芸術の可能性を探究し、イノベーションを起こす。

これからの造形芸術の可能性を探究するラボで、中心となる千住博教授に加え、直島・家プロジェクトなど、様々なアートによるイノベーション活動に携わってきた加藤淳教授が指導にあたります。 現代の芸術の意義を研究・分析し、みずからの制作を通じて、世界の新しいヴィジョンをもたらすことのできる、構想力と制作能力、そして伝達能力とを併せ持った人材を送り出します。 本ラボでは、作品制作によって新たな価値を社会に伝えようとする方、そのための実践的能力を自ら身につけようとしている方の入学を期待しています。 また、日本をはじめ、東アジアの芸術的なバックグラウンドを持ちつつ、世界の中で活躍することを希望する学生も大いに歓迎します。

ラボの特長

公共性ある制作と理論的考察

ギャラリー、美術館、公共スペースで展示される作品制作から、医療や福祉、教育の現場での制作まで、芸術を通じて社会に貢献することをめざします。 そのため、下記の対面授業、遠隔授業を通じて、各自の制作だけでなく、今日の芸術情況のなかで自分自身の制作の意義を明瞭に言語化することも求められます。 また2年目以降に千住教授のプロジェクトにインターン的に関わることも可能です。

年6日間のゼミ指導

通信制大学院のメリットを活かして、対面授業の日数は最小限に抑えられています。学生はそれぞれ自分の居住地で制作や他の仕事をしながら、所定の6日程に授業会場に集合して、 千住・加藤両教授による講評と集中ワークショップを併用した授業を受けることになります。

Webを用いた月々の授業

学生はWeb上で月ごとに各自の研究報告を行い、それに対する相互評価と教員からの講評を受けることができます。 また、今日の芸術制作を巡る理論的な科目など、対面のゼミ以外の科目はすべて遠隔授業で履修できます。

このラボを志す人へのメッセージ

これまで私は日本画家として、日本画の存在やその技法を世界に認知させ、真の国際性をもった芸術領域にすべく、絵画制作にとどまらず、国内外での講演や著述など幅広い活動を行ってきました。 そうした活動領域の中でも、近年公的な施設や場における大型プロジェクトに積極的に関与しています。

芸術は額縁に入り室内に展示されるだけのものではありません。そもそも芸術にはより大きな機能があります。 もとをただせば、旧石器時代の洞窟壁画もそうですし、また洋の東西を問わず、芸術がこれまで辿ってきた歴史がそれを示しています。 日本の美術の世界でも、古くから寺社や城郭の障屏画などという多様な形で、社会の重層的なニーズに対応してきました。

私の制作してきた作品も、こうした系譜に連なり、現代において芸術本来の姿に立ち返った例の一つともいえるでしょう。 APEC2010会場での作品は、日本画による国際会議空間を構成することで、開催国である日本のアイデンティティーを参加各国の首脳に提案しました。 また、羽田空港国際線に設置されたWatershrineは、日本文化のアイデンティティーを来邦者にひと目で分かる形で表現するだけでなく、 国内に災いが招来しないことを祈願するための護符の役割も果たしていて、古くからある日本のアニミズム的文化のルーツを表わすものでもあります。

他方で、芸術には地域社会の福祉や再生を担う機能もあります。私が制作した、東日本大震災被災地の女川の公衆浴場壁画は、芸術による震災復興、集落再生のモデルケース、 そして鎮魂のモニュメントとしても評価されています。

また、設置された場所の持つ意味を明確にしたり、魅力を高めたりする役割を担う作品もあります。直島の古い集落を利用した古民家再生企画「ベネッセアートサイト直島・家プロジェクト」などはその一例で、 これは地域活性化の役割も芸術が果たすことを示すことができました。

このように、芸術は、現代社会に広くイノヴェイティヴな効果をもたらすことができます。 この千住ラボでは、私が行ってきた社会的な活動の研究を通して、芸術と社会の役割について考察し、未来の社会における芸術の可能性を探究し、その様な芸術活動を担える人材を創出し、 究極的には芸術の普遍的意味を問いたいと思います。

羽田空港国際線ターミナル
到着コンコース、到着バス降車場、検疫前と出発ゾーンのフードコートに水をテーマとした作品を設置し、日本を訪れる海外からの旅客に日本文化を、 帰国する日本人旅客に故郷の風土を提示。空港という大規模な建築に対し、幅25メートルの「ウォーターフォール」、幅20メートルの「雲」の作品などの大作を制作。

APEC 2010
2010年11月、日本がホスト国として開催したAPECJAPAN 2010にてアートディレクターとして会場構成を担当。日米、日中、日韓、日ロ首脳会談会場、 首脳宣言会場、晩餐会会場などにアートワークを設置し、参加国に向けて現代日本文化を紹介した。

年間のスケジュールモデル

千住ラボは全授業を[東京:外苑キャンパス]で開講。年6日間行われる対面授業のほか、Web上の指導を月々に実施します。

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は2016年12月下旬発行予定の『大学院スクーリング日程2017』でご確認ください。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会