取得できる資格

教職課程(専修免許状)

本大学院では、既に美術の1種免許状を所持する方(※1)が大学院を修了し、所定の単位を修得する方法(※2)で、美術の専修免許状を取得することが可能です。

取得が可能な免許状 対象となる方(※1) 取得の条件
中学校教諭専修免許状(美術) 中学校教諭1種免許状(美術)の所持者 「美術の教科に関する科目」24単位を修得し、修了すること
※修了要件単位数に含む
高等学校教諭専修免許状(美術) 高等学校教諭1種免許状(美術)の所持者

授与される免許状の有効期限は10年です。

※1:教育職員免許法第5条別表第1により、1種免許状を取得した方に限ります。教育職員免許法第6条別表第3等教育職員検定により1種免許状を取得した場合には、専修免許状に上進する場合、「1種免許状+専修免許状の基礎資格および大学院の教科または教職に関する科目24単位」を根拠とすることはできないため、本大学院で24単位を修得しても専修免許状の取得はできません。

※2:本大学院では、所定の単位を修得することにより専修免許状を取得する方法(教育職員免許法第5条別表第1を根拠規定とする免許状取得方法)のみに対応しており、実務経験年数等を所要資格として専修免許状を取得する場合(教育職員免許法第6条別表第3を根拠とする免許状取得をする場合)の対応は行っていませんので、各自で勤務先を管轄する都道府県教育委員会の指導を受け、個人申請を行ってください。

課程登録手続きについて

入学時に手続きは必要ありません。課程登録手続期間は、修士1年目の12月~翌年1月の次年度学籍更新手続き時です。詳細は入学後の資料で確認してください。

 

建築士試験の受験資格要件(大学院における実務経験要件)

 

本大学院では、対象分野にて指定の科目30単位以上を履修することで建築士受験資格要件を満たすために必要な2年間の実務経験とみなされます。

取得が可能な資格 対象分野 取得の条件
建築士試験受験資格の要件(実務経験2年) 建築デザイン分野 指定科目30単位以上を修得すること
 

芸術教育士の資格について

 

本大学院では、対象分野にて修了かつ指定の科目を修得することで芸術教育士1級の資格を取得することができます。

取得が可能な資格 対象分野 取得の条件
芸術教育士1級 芸術教育分野 指定科目2単位を修得し修了すること

資格を維持するためには数年に1回更新講座を受講する必要があります。

※芸術教育士は、本学が認定する独自の資格です。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会