学費・奨学金

入学選考料・学費

1.出願時に必要な費用(入学選考料)

35,000円

2.合格後、入学手続き時に納付が必要な費用(入学手続金)[年間学費]

内訳 金額
超域プログラム(制作学/千住ラボ)、
芸術環境研究、美術・工芸、環境デザイン
超域プログラム(制作学/小笠原ラボ)
入学金 100,000円
授業料(初年度分) 750,000円
施設使用料 450,000円
学生教育研究災害障害保険料 140円
合計 850,140円 1,300,140円

※授業料は改定することがあります。

※授業料には、スクーリング研究制作科目(SR科目)の受講料、およびテキスト科目のテキスト代、添削指導料を含みます。

※スクーリング科目(S科目)については、別途受講料が必要です。

施設使用料(超域プログラム 制作学/小笠原ラボのみ)

DMM.make AKIBAの10階Studioフロアおよび12階Baseフロアの一部が利用でき、Studioに設置されている各機材が使用できます。施設使用料には、機材の使用料金および使用に関するテックサポート料、ライセンス取得トレーニング料が含まれます。なお、利用状況によっては別途費用が必要となる場合もあります。

勤労学生の所得控除について

勤労学生控除とは、納税者が所得税法上の「勤労学生」に当てはまる場合に受けられる所得控除です。独立した生計者で、給与所得が年間130万円以下であること等が条件(他にも条件あり)です。詳しくは勤務先の給与担当部署や、所轄の税務署にお問い合わせください。

入学手続金の一部免除対象

以下に該当する方は、入学手続金の一部が免除されます。入学志願書の該当欄に記入のうえ、必要書類(該当者のみ)を提出してください。

免除対象 免除金額 入学手続金
本学通信教育部
内部進学制度対象者 ※1
本学通信教育部 芸術学部または大学院芸術研究科(通信教育)を卒業・修了(卒業・修了見込含む)※2 入学金100,000円免除
+授業料20%減免
合計600,140円
[内訳]
授業料(初年度分)
600,000円
学生教育研究災害傷害保険料
140円

※超域プログラム(制作学/小笠原ラボ)は合計1,050,140円

瓜生山学園・併設校の卒業・修了(見込)者またはその子女 京都造形芸術大学(通学部)芸術学部
または大学院
京都芸術短期大学
京都芸術デザイン専門学校
(旧校名:京都国際文化専門学校)
藤川学園
入学金100,000円免除 合計750,140円
[内訳]
授業料(初年度分)
750,000円
学生教育研究災害傷害保険料
140円

※超域プログラム(制作学/小笠原ラボ)は合計1,200,140円

瓜生山学園(通学部)在学生の保護者または学費支弁者 京都造形芸術大学(通学部)芸術学部または大学院および京都芸術デザイン専門学校在学生の保護者または学費支弁者

※1 京都造形芸術大学通信教育部内部進学奨学金を参照ください。なお、内部進学奨学金の制度は在学中に改定することがあります。

※2 2015年度より、芸術環境研究領域の同分野受入を廃止したため本学博物館学芸員課程(科目等履修)の修了生は対象となりません。

3.入学後に必要な費用

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

費用項目 金額 備考
スクーリング受講料 講義
京都キャンパス(瓜生山・高原)
1単位あたり 8,000円 ・スクーリング科目(S科目)については、授業料以外にスクーリング受講料が必要です。

・スクーリング・研究・制作科目(SR科目)の受講料は、授業料に含みます。
講義
京都キャンパス以外
10,500円
演習
京都キャンパス(瓜生山・高原)
13,000円
演習
京都キャンパス以外
16,000円
実習 4単位
(1科目)
10,000円
授業料(2年目以降) 1年間につき 750,000円 ・1年次終了前の2月下旬に、指定口座より引落しとなります。
・「 本学通信教育部内部進学制度対象者」は授業料が20%減免され、600,000円となります。
施設使用料(2年目以降)
※超域プログラム(制作学/小笠原ラボ)のみ
1年間につき 450,000円 ・超域プログラム(制作学/小笠原ラボ)のみ対象。
・1年次終了前の2月下旬頃に、指定口座より引落しとなります。
・利用状況によっては別途費用が必要となる場合もあります。
教職課程受講登録料(専修免許状)※希望者のみ 免許状申請手続手数料含む 20,000円 ・1年次の12月~翌年1月の次年度学籍更新手続き時に登録手続きを行い、2月下旬に指定口座より引落しとなります。

※上記は2017年度適用金額です。学費等、諸費用は改訂する場合があります。

奨学金・助成金制度

日本学生支援機構奨学金(旧名称:日本育英会奨学金)〔2016年度実績〕

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

日本学生支援
機構奨学金名
貸与月額 貸与期間 家計基準
2015年(1月〜12月)の収入金額の上限
①第一種奨学金
(無利子貸与)
次の月額から申込者が自由に選択

月額 50,000円
又は
月額 88,000円

申請年4月より当該課程の標準修業年限が修了する月まで 299万円
②第二種奨学金
(有利子貸与/利息上限3%/在学中は無利息)
次の月額の中から申込者が自由に選択

月額 50,000円
月額 80,000円
月額 100,000円
月額 130,000円
月額 150,000円

申請年4月~9月の間の希望する月から、当該課程の標準修業年限が終了する月まで 536万円
③入学時特別増額貸与奨学金
(一時金/この奨学金のみの申し込みは受付不可。①と②を併せて申し込む必要あり。)
次の一時金の中から申込者が自由に選択

100,000円
200,000円
300,000円
400,000円
500,000円

入学時のみ 収入金額が120万円以下の人または日本政策金融公庫の国の教育ローンを申請したが、利用できなかった人

※①②の併用貸与を希望する場合の家計基準は284万円です。

※申込者の人物・健康・学力・家計について総合的に審査します。面接は必須です。

※推薦者数の枠がありますので、奨学生希望者が全て奨学生として採用されるわけではありません。

※上記の内容は2016年度入学者用のものです。2017年度の奨学金募集の詳細は、入学後にお渡しする書類でご確認ください。

本学独自の奨学金・助成金制度

京都造形芸術大学通信教育課程 学習支援奨学金

大学院での学習が3年目以降を迎える場合(休学期間は除く)、授業料の20%を奨学金として減免します(本奨学金制度は在学中に改定することがあります)。ただし、後述の内部進学奨学金との重複適用はありません。

京都造形芸術大学 通信教育部内部進学奨学金

本学通信教育部 芸術学部を卒業した方(2017年3月卒業見込の方を含む)は、内部進学奨学金が適用され、授業料の20%を奨学金として減免します(本奨学金制度は在学中に改定することがあります)。前述の学習支援奨学金との重複適用はありません(本奨学金が優先されます)。
なお、2015年度より、芸術環境研究領域の同分野受入を廃止したため本学博物館学芸員課程(科目等履修)の修了生は対象となりません。

京都造形芸術大学通信教育課程 学生創作研究助成金(2016年度実績)

地域社会における芸術文化の活性化をめざす学生(グループも可)の創作、研究およびその成果発表、普及活動に対し、選考のうえ、200,000円を上限に支援します。

学費ローン

分割払いを希望される方は、入学選考料以外の入学手続金についてオリエントコーポレーション(以下、オリコ)の審査・契約による「学費ローン」の利用が可能です。

orico

ローン制度の手続き方法等については、『学生募集要項』をご確認ください。

教育訓練給付制度について

本学大学院(通信教育)の下記2分野は、教育訓練給付制度(一般教育訓練給付)の指定講座となっています。

・環境デザイン領域 建築デザイン分野 日本庭園分野

教育訓練給付金の支給額

100,000円(2015年度修了生の実績)

※受講費用として本学へ納付した「教育訓練経費」の20%相当額(但し、上限が100,000円)

※「教育訓練経費」の対象となるのは、入学金および授業料(入学1年目と2年目の納入額の1/2)です。

教育訓練給付制度は、厚生労働省が実施している雇用対策事業の一つです。受講を開始する段階で厚生労働省の定める条件を満たしている方が、指定講座に入学し、課程を修了(学位取得)すると、個人が負担した受講料の一部が、教育訓練給付金としてハローワーク(公共職業安定所)を通じて支給されます。
詳細は『学生募集要項』にてご確認ください。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会