手を磨く、目を磨く。

本分野では、これまで各自が育んできた絵画表現をさらに発展させていきます。担当教員と対話を重ねながら、学生が自発的に研究計画を立案して、創造活動をすすめます。
自作のプレゼンテーションと合評、特別講義や作品鑑賞、制作研究ノートの作成、所定の美術理論も習得して、表現や技術を確かなものにするとともに、芸術について深い理解と知識を身につけます。

分野の特長

少人数制のスクーリング×多彩な作家が指導

これまで積み重ねてきたことを基に、より幅広く深い表現をめざします。また、特性を活かした絵画表現を追求し、自身の表現を確立していきます。

自身の絵画表現をさらに発展

学生一人ひとりが自発的に研究計画を立案し、担当教員と対話を重ねていきます。そして、自分の表現をより確かなものにするために何が必要なのかをつきつめ、具現化していきます。

学びのすすめ方1年次

絵の具、支持体、モチーフなど素材を変え、描くことを模索し、新たな可能性を試す。

美術・工芸演習(洋画)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

今まで修得してきた自分の表現を、より専門的に深め拡げていく。現代の絵画を考察しつつ「創ること」「描くこと」の意味を改めて問いなおし、単なる形式の新しさではなく、思考としての新しさを探り、自身のテーマをいかに具現化するか、制作展開をはかります。また、活躍中の作家や多彩な講師陣による特別講義や材料研究実習、合評と共に、学生同士の意見交換によって自作を客観視し個性的で魅力のある絵画表現を探っていきます。

美術・工芸特論Ⅱ-1、2(テキスト科目)

本科目の目標は、美術・工芸に関する理論的著作を批判的に読み解くことと、その上で、各自の制作研究行為を今日の社会環境の中に位置づけて考察することにあります。制作研究は個人的な表現内で完結するものではなく、社会との関わりの中で熟成・発展していくものです。自己を包む環境について新たな見解を持ち、創作への思いを言語化することで、自作品の明解なビジョンが育ちます。

学びのすすめ方2年次

自身の中から生まれる魅力ある表現を追求し、オリジナリティーのある制作へ導く。

美術・工芸研究(洋画)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

「美術・工芸演習」で学んできたものをより確かなものへと拡げていきます。今日の絵画表現と規範は、多様であるが故に、創り手に表現の基軸を見失わせる可能性があります。社会の中の様々な状況を俯瞰しながら何をどう描いていけばよいか、発想・表現・素材・技法について研究しつつ、様々な表現の作家による講評も受けて、自身の内面の具現化に努めます。「整理より混沌」というこの国が培ってきた空間構造も学んで、柔軟な発想で新しさがあり、かつ普遍的な絵画表現を拓いていきます。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2017』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2017

学生紹介

鈴木 誠郷33歳 岐阜県 大学院2年次

学部の卒業制作でまだ学び足りないと実感。今後はひとりで制作をつづけるというのに、自分はその孤独な作業のスタートラインにも立てていませんでした。だからこそ、そんな不安を希望に変えたいと進学。絵を描くことだけが画家の仕事ではない、と新たに気づきました。学部では自己の表現方法のみを考えていましたが、大学院ではそれに加え、社会との関わりも重視します。茶室を利用した展示方法や、作品販売に関する諸問題など、面談等を通じて多くのことを学びました。表現としては、名画の模写など古典絵画の基礎を学び、その技法や構築性を自分の作品に生かしたい。まずは3 年以内に、さまざまな場で発表してキャリアを積み、つねに、その時に描ける最良のものを描いていきたい。数ある目標をどこまで実現できるかわかりませんが、自分に期待や希望を持って絵を描きたいし、そうした光が絵に現れたらよいと願っています。

■教員 川村 悦子(教授)奥田 輝芳(教授)相見 節子(教授)山河 全(教授)木村 克朗(教授)

修了制作 作品ギャラリー

杉森 康彦44歳 京都府 2015年度修了

[修了作品について]油絵で箔を使った和の空間表現、横約4mの大画面に挑戦しました。いずれも初めてのことで不安はありましたが、先生の指導があるという安心感と、学友のがんばる姿に刺激を受け、なんとか2年間で完成することができました。

[学びの振り返り]スクーリングの時はいつも早朝に登校してキャンパスを散歩し、松麟館から京都の眺めを見るのを楽しみにしていました。制作で悩んだときも瓜生山を散歩。この絵は京都造形芸術大学だから描けたのかもしれない、と思います。


祇園祭洛中洛外情景之図

島村 薫37歳 兵庫県 2015年度修了

[修了作品について]大学院ではガラス壜を心の器に見立てて、さまざまなアプローチで描いてきました。修了制作は、老婆の心に見立てたガラス壜を丁寧に描写。日常の中に不可思議で曖昧模糊な景色を追いながら、柔らかく静かに表現することを楽しみました。

[成果、そして、これから]先生方の情熱あるご指導、ゼミでの豊かな経験、制作を通じて自分と向き合いつづけた日々、私にとってすべてが宝物です。大学院で得た、好奇心を持ちつづけて前へ進む強さや、自分や社会に対して純粋に誠実に向き合う心を、これからも絵を描きつづけていく上で大切にしていこうと思います。


老婆の夢

齊藤 進78歳 神奈川県 2015年度修了

[修了作品について]絵画で得られる造形的自己主張を追求していった。「感覚」という本能や直感の力を信じ、自らの芸術の根源を求めつづけた期間であったが、予想外に自分のなかの眠っていたDNAが叩き起こされ、納得のいく作品となった。

[成果、そして、これから]在学中は、スイスの画家ホドラーの、自然における永遠の安楽である美の表現に共鳴し、彼の絵画の形式原理である「パラレリスム」の技法を追求した。現代社会の歪みの問題に対し、生命の尊さ、再生循環の希求の考え方を根底に、これからも写真・絵画の制作活動をつづけていきたい。もちろん、師と仲間に恵まれたことは言うまでもない。


天空の黄河源流域

中野 隆彰67歳 愛知県 2015年度修了

[修了作品について]「癒やし」を与える作品を追い求めてきた私。一枚の冬景色写真のなかの1/8の部分に「癒やし」を感じ、そこだけを作品にした。描写は、爽やかさと透明感を出すために、油彩絵具の持つ重厚さを出さないようにしつつ、水彩では表現しきれない“しっとりとした質感”にこだわった。「油絵を制作しているのではなく、絵画を描くために、たまたま油彩絵具を使っているのに過ぎない」と、この制作を通じて思った。

[成果、そして、これから]油絵を描くのではない。表現したい感情、心、テーマを描くことだ。過去の人たちはどんな気持ちで、どんな描き方で絵画を描いたのか。大学院で抱いた思いを深めるため、2ヵ月間イタリアへ絵画留学。13̃16世紀のイタリア絵画の実物鑑賞と模写で勉強し、その心を感じ取り、新規表現方法の探索に取り入れた。なにか新しい感覚をつかんだかも知れない。


冬の木

伊奈 正彦82歳 愛知県 2015年度修了

[修了作品について]「世界の果てまで美を求めて」は、北極点から南極まで主に世界辺境の旅を中心とした50点の油彩で構成される(50点×P 20=1000号)。現地でスケッチした200点に及ぶF4の水彩画と写真をもとに、思い新たに一気に作品に仕上げた。その中から限られたスペースを考慮してさらに16点を選び出し、写真のように立体的に展示した。

[成果、そして、これから]世界地図に完成した作品をマーキングしたところ、極めて片寄った図となった。これは50点の作品数にこだわり没頭したためである。これを補完するため大学院修了後も、引き続き世界中を駆け巡り挑戦していきたい。


 「世界の果てまで美を求めて」「南極の朝明け」から「ドナウ川残照」まで

門田 富美子大阪府 2015年度修了

[修了作品について]修了研究ノートで自作を振り返り学ぶことができたのは、ゼミの先生の穏やかで優しいご指導のおかげだと感謝している。また、親切な友人たちによって絵画の孤独な作業を前にすすめられた。大学院を修了後、美術館で作品を見るときに、以前と違う見方ができていることは、こうした学びの成果だと思う。

[成果、そして、これから]入学してからは、同級生の方々と学べるスクーリングが待ち遠しく、楽しみながらの2年間であった。修了後も生涯の友人としての交流を持つことができている。また、大学院で学んだ絵に対する考え方は、想像以上に貴重な財産となった。


コンポジション

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会