有形無形の文化遺産について研究する。

本分野では、特に日本や東アジアに伝えられてきた、有形無形の文化遺産について学術的に研究します。
文字による史料はもちろん、保存されてきた造形物や代々伝承されてきた技術まで、各地に残されたさまざまな文化の歴史的および芸術的な価値や、保存継承のありかたについて、それぞれの環境特性などを考慮しつつ、研究をすすめます。

この分野を志す人へのメッセージ

この分野への入学をお考えの皆さんは文化遺産や伝統芸術についていろいろな想いをお持ちだと思います。歴史や伝承への関心、あるいは作品や思想への興味など、さまざまな方向からの想いがあるでしょう。本分野では、皆さん自身の中にあるそのような想いを教職員と一体となって論文という「かたち」にすることを目指します。論文とはただ調査したことを記述しただけの文章ではなく、皆さんの想いを「かたち」にしたものに他なりません。また同時に、その成果は皆さん自身にとってのみならず社会においても貴重な財産となるものです。この分野で学び大学院を修了する頃には、入学時には漠然としていた想いが素晴らしい「かたち」になっているはずです。(教員:井上治)

井上治『花道の思想』 2016年

学びのすすめ方1年次

物事を多角的にとらえる視点を養い、研究に必要な考え方や手法を学ぶ。

科目ピックアップ

芸術環境特論Ⅱ-1~10、Ⅳ-1、2(スクーリング)

芸術環境研究領域に関わる諸問題を、芸術作品の歴史・理論的研究、文化遺産・伝統芸術の歴史的研究、文芸研究、芸術教育と芸術計画の実践という4つの視点から考察。専門性の高い10の講義群から2つ以上を選択して受講します。

例:芸術環境を巡る諸問題、祭礼と感性、近現代美術の諸相、外国文学、日本芸能史の諸問題、西洋芸術史の諸問題、東洋芸術史の諸問題など(2016年度実績)

芸術環境演習Ⅰ・Ⅲ(スクーリング)

Ⅰ(前期)・Ⅲ(後期)では、学生が各分野で研究を遂行するために必要な考え方や方法を、ディスカッションや共同作業、各ゼミ独自の課題等を通して身につけます。さらに、ゼミ内での発表やディスカッションを通じて修了研究につながるテーマを設定し、〈調査・分析・まとめ・提案・報告〉という方法論を学びながら、各自の研究の方向性を決定します。

学びのすすめ方2年次

独自の着眼点で掘り下げた研究を、論文や報告書として結実させる。

科目ピックアップ

芸術環境研究Ⅰ(スクーリング)

「芸術環境演習Ⅰ・Ⅲ」での研究成果に基づいて、修了にむけての研究を行います。各自が設定した研究テーマに沿って、適切な資料の収集、分析、調査などをすすめると共に、その成果を論文あるいは研究活動実施報告書にまとめます。指導は主に年5回のゼミと2回の「中間報告書」に対する講評で行います。1週間に1回(必須)のWEB上での研究過程の記録のほか、必要に応じて個別指導も行います。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2017』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2017
   

学生紹介

中尾 智恵北海道 55歳 大学院2年次

「やきもの=茶碗」を学部の卒論テーマとするなかで「芸道論」の重要性に気づき、さらに探ることで新たな知見があるはず、と進学。私自身が茶道を教えているので、学んだ実技の知識などはすぐ稽古場で活かし、以前より質の高い指導ができていると思います。さらに大学院で発見したのは、異なる分野の方が考える「茶の湯」像が、自分に新たな気づきをもたらしてくれること。異分野のスクーリングも自らの研究や考察につながることが多く、多角的な視野の大切さを感じました。今後は、地元のカルチャーセンターなどで茶の湯の普及をめざすなど、「芸術環境」の視点から、地域に根ざした芸術活動にも取り組みたい。そのためにも学びの継続が必要ですが、独学の習慣は大学院でしっかり身につけられました。茶の湯研究はもちろん、異分野の芸道研究にもアンテナを張っていきたいです。

教員紹介

出願分野 開催地 学べる内容 担当教員
文化遺産・伝統芸術分野 東京 日本美術史
伝統文化研究
三上 美和
森田 都紀
野村 朋弘
京都 日本文化史
日本美術史
伝統文化研究
五島 邦治
栗本 徳子
金子 典正
井上 治
橋本 素子
小林 善帆

修了生の研究テーマ

  • 扇面に描かれた京洛名所・風俗と洛中洛外図屏風
  • 近世後期における表千家家元制度の発展(京都・大坂・和歌山の事例から)
  • 鈍翁の御庭焼師・大野鈍阿(数寄者に育てられた名匠)
  • 中世・近世の絵画資料に描かれた琵琶(形状からその系譜を考える)
  • 擬洋風建築の小学校における和洋折衷の型について(旧開智学校を中心に)
  • 上村松園の後期の美人画(-《母子》を中心として-)

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会