環境デザイン領域
建築デザイン

Environmental Design Field

一流の現場に立ち、実践を身につける。

日本の大学で不足しがちな「実務教育」に力点を置き、働きながら学び、学位が取れるプログラムを実施。また、あらゆる建築設計の基本であり、建築家として独立した際にも手がけることが多い「住宅設計」を学びの中心としています。時が過ぎても変わらない建築設計の本質を探究しつつ、プロをめざす人たちに、具体的な実務への入り口をつくります。

この分野の特長

少人数スタジオ制により、実践に強い建築家を育成。

一流の仕事現場に立ち、実践を身につけるカリキュラム。1年次ではプランニングの基礎に取り組み、2年次では3つのスタジオにわかれ、実践的な設計に取り組みます。指導を担当するのは、現役の建築家。そのスタジオで生きたノウハウを学びつつ、クラス、スタジオ共通の目的である建築設計の本質を探究します。

スタジオ制の魅力

社会人でも学びやすい週末のみのスクーリング

一部の合評を除くほとんどのスクーリングを京都・東京の各キャンパスにて開講。月1回、週末のみのスクーリングで修了できる、社会人にも取り組みやすいカリキュラムを整えています。

実務経験2年間に相当する建築士試験の受験資格要件を満たせる

本課程における指定の30単位以上(うち、16単位はインターンシップ、2単位はスクーリングで、必修科目以外の履修が必要)を履修することで、建築士試験の受験資格要件(建築に関する2年間の実務経験相当)とみなされます。

※ 建築士試験の受験資格要件の詳細は、募集要項を合わせて確認してください。

学びのすすめ方1年次

プランニングの基礎をじっくり修得。住宅設計に何が必要かを考える。

設計の基本を学び、実践力を養う
演習科目[必修]

環境デザイン演習(建築デザイン)(スクーリング)

基本設計から構造計画、詳細設計まで。建築設計における、実際的なプロセスの考え方やすすめ方を学ぶ。また、クライアントの要求を真摯に受け止めるなど、住宅設計に何が大切かを議論・考察する。

設計に役立つ知識や理論を身につける
分野特論[必修]

環境デザイン特論Ⅱ-1、2、Ⅲ-1、2(テキスト)

建築論やプロジェクト研究など、課題ごとに資料や文献を用いて調査・整理・分析を行う。それにより、自分の研究に必要な基礎理論や応用力、さらにインターンシップに関連する知識までを身につける。

※ 2年次での履修も可。

専門領域にとらわれず学びを広げる
専攻共通[必修]

芸術環境論特論Ⅰ・Ⅱ、芸術環境原論ⅠまたはⅡ(テキスト)

課題例
・自分以外の芸術家、職人などの活動を調査し、まとめる。
・日常の中で「美しい」と感じた事柄を考察し、描写する。

学びのすすめ方2年次

第一線にいる建築家のスタジオで生きたノウハウを学ぶ。

実践力を高め、修了制作作品・政策研究ノートに結実させる 研究科目[必修]

環境デザイン研究(建築デザイン)(スクーリング)

各スタジオで、建築家の指導のもと実践的な課題に取り組み、設計の考え方、すすめ方をさらに徹底して身につける。後期課題を修了制作作品とする。

演習科目、研究科目のすすめ方
スクーリングでの指導

各スタジオで、建築家から直接、講義や自宅実習のチェックを受ける。その後、実習に取り組みながら、個別に対面指導を受ける。

自宅学習

授業での指導をもとに自宅実習をすすめ、課題を学習用WEBサイト「airU」に提出。添削指導を受け、次回スクーリングまでに反映させていく。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は2015年12月下旬発行予定の『大学院スクーリング日程2016』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2016
   

学生紹介

藤 悟志埼玉県 34歳 大学院2年次

約10年間、建築設計・監理の実務に携わった後、建築設計事務所として独立。大学院での研究や制作を通して体得したことを礎とし、自身の建築への思いや思考の「背骨」を再構築したいと考えています。「人間は移ろいやすいもの、だからこそ、住宅に自立した普遍性を」というコンセプトにもとづき、「明解な秩序による多様な空間」「生活と自然とのリズムの調和」「素朴で誠実な表情のある素材感」をテーマとし、設計課題に取り組んでいます。

■教員 横内 敏人(教授)堀部 安嗣(教授)伊藤 寛(教授)

修了制作 作品ギャラリー

中村 和範2014年度修了 奈良県 34歳

[修了作品について]分譲住宅一辺倒の郊外開発に危機感を抱き、これからの郊外住宅のあり方について取り組みました。小さな住宅の集合体と全体を設計し、多様な生活様式・世代を受容し、持続可能な土地活用をめざす提案としました。

[成果、そして、これから]住まいについて、マクロとミクロの視点を得ることができたと感じています。社会、地域、時間、個有…これらの変容していく条件の中で、普遍的な美しさや心地良さを探究していく設計プロセスを、2年間の授業で経験することができました。


多世代が集まって住む郊外型賃貸集合住宅

新井 良子2014年度修了 兵庫県 38歳

[修了作品について]日本の古くから在る建物は、その文化的価値が軽視され簡単に壊されています。この現状 を踏まえ、修了制作では「町屋改修・新築計画」を目的に、町屋部分に店舗、同敷地内に住まいを計画しました。 修了制作をまとめるにあたり、建物の現状調査方法や町屋の改修方法など、多くの方にご協力を頂きました。

[成果、そして、これから]大学院では設計課題を通じてさまざまな事を学びました。課題では有難い意見を頂き、 考えを深める事が出来ました。また、先生方の設計された建物を見学させて頂く機会もあり、素晴らしい環境で建築を学ぶ事が出来ました。


町屋と住まい~町屋改修店舗と住まい~

岡村 未来子2014年度修了 神奈川県 40代

[修了作品について]単に機能や環境に配慮するだけでなく、場所の歴史を知り、架構や素材の力をいかし、豊かな中間領域、様々なつながり、美しさ…、そういったものを大切に地域で人々に長く愛されるすまいをめざしました。

[成果、そして、これから]魅力的な教授陣の、建築に注ぐ情熱とパワーを間近に体験できたのは、大きな糧になりました。学んだことをいかし、すまいが持つ力を信じ、温故知新でこれからも一層前向きに取り組んでいきたいと思います。


大磯の家 -すまいと環境についてー

伏黒 陽一2014年度修了 富山県 38歳

[修了作品について]北陸地方の古民家の形を受け継ぎつつ、内部は現代建築の思想による、建物と中庭とが連続する明るい空間とした。個人主義のなかで様々なものから統一感が失われる時代だが、この一軒から街並みの復古の流れがおこることを期待する。

[成果、そして、これから]そこにあることで、周りに良い影響を与えていく建築とは何かを模索し続けた2年間だった。課題に向き合い、教員・学友から刺激を受けることで視野を広げることができた。これからも学びを重ね、提案していきたいと思う。


住宅密集地における外部空間を取り込んだ職住スペースの提案~上市仕様を共有する街づくり~

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会