環境デザイン領域
建築デザイン

Environmental Design Field

一流の現場に立ち、実践を身につける。

日本の大学で不足しがちな「実務教育」に力点を置き、働きながら学び、学位が取れるプログラムを実施。また、あらゆる建築設計の基本であり、建築家として独立した際にも手がけることが多い「住宅設計」を学びの中心としています。時が過ぎても変わらない建築設計の本質を探究しつつ、プロをめざす人たちに、具体的な実務への入り口をつくります。

この分野の特長

少人数スタジオ制により、実践に強い建築家を育成。

一流の仕事現場に立ち、実践を身につけるカリキュラム。1年次ではプランニングの基礎に取り組み、2年次では3つのスタジオにわかれ、実践的な設計に取り組みます。指導を担当するのは、横内敏人、堀部安嗣、伊藤寛をはじめとする現役の建築家。そのスタジオで生きたノウハウを学びつつ、クラス、スタジオ共通の目的である建築設計の本質を探究します。

スタジオ制の魅力

社会人でも学びやすい週末のみのスクーリング

一部の合評を除くほとんどのスクーリングを京都・東京の各キャンパスにて開講。月1回、週末のみのスクーリングで修了できる、社会人にも取り組みやすいカリキュラムを整えています。

実務経験2年間に相当する建築士試験の受験資格要件を満たせる

本課程における指定の30単位以上※を履修することで、建築士試験の受験に必要な2年間の実務経験要件を満たすことができます。

※ 指定単位のうち16単位はインターンシップ、2単位はスクーリングで、必修科目以外の履修が必要です。建築士試験の受験資格要件の詳細は、募集要項を合わせて確認してください。

学びのすすめ方1年次

プランニングの基礎をじっくり修得。住宅設計に何が必要かを考える。

環境デザイン演習(建築デザイン)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

ある実際の敷地に建つ実在の住宅をもとに、改築、増築、建て替えについてのプランニングを徹底して行い、設計の考え方、何を手がかりにそれをすすめるかについて学びます。クライアントから提示される要求を真摯に受け止めることからはじめ、住宅設計に何が大切かを議論・考察していきます。

環境デザイン特論Ⅱ-1、2、Ⅲ-1、2
(テキスト科目)

「プロジェクト研究」「工法・素材研究」について、それぞれ基礎的資料収集・調査、あるいは教材の精読、および整理・分析を行います。それらを通して建築設計業務に関するインターンシップに関連する知識を身につけることを目的とします。さらには、修了制作のテーマを抽出するための基礎知識や観察力を獲得し、自身の設計を客観的に位置づけることのできる判断力を養います。

学びのすすめ方2年次

第一線にいる建築家のスタジオで生きたノウハウを学ぶ。

環境デザイン研究(建築デザイン)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

敷地と建て主を実際に設定し、現実的制約条件の中で基本設計から実施設計までの作業を行います。修了制作では現在の住宅や住環境に対する疑問や問題提起を持ち、明確なコンセプトに基づいた住空間の提案をするとともに2年間の集大成として設定した研究テーマについての考察を行います。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は2016年12月下旬発行予定の『大学院スクーリング日程2017』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2016(参考)

学生紹介

水川 研二34歳 兵庫県 大学2年次

大学院の専門性の高さに、初めは気後れしていました。けれど、学部のスクーリングで受けた鎌田先生の授業が分かりやすく、進学を決心。建築を知ってまだ4年目ですが、とにかく手描きで図面の描き方を覚え込みながら、住宅設計を通して建築に携わるスタンスを模索しています。構造的に永く保つのはもちろん、周辺環境に良い影響をもたらす外観、内部の住みやすさ心地よさこそが、人々に壊したくないと思われ、「10 0年2 0 0年と住みつづけられる家」になる。デザイン=自己主張という思い込みがあったのですが、むしろいかに調和するかを考えるべきだと気づきました。また、「広い」とはどんな状態かなど、言葉の意味を深く意識するようにもなりました。近い将来、大学院で魅力を知った住宅設計の仕事に就きたい。苦しいことも楽しめる大学院ですが、ただ楽しむだけでなく、今後の活動に向けての原点を見つけたいと考えています。

■教員 横内 敏人(教授)堀部 安嗣(教授)伊藤 寛(教授)

修了制作 作品ギャラリー

内藤 一恵55歳 新潟県 2015年度修了

[修了作品について]お互いの生活を尊重し、自立と自由を保ちながら暮らせる親子二世帯住宅を探求したいと考え、取り組みました。互いに気やすく行き来できる距離感、ライフスタイルの変化への対応にも意識を向け、賃貸可能な計画にするなどの工夫をしました。

[成果、そして、これから]本業として設計事務所を主宰していますが、良き指導者や仲間に恵まれ、住宅建築の可能性と面白さを再認識できた2年間でした。人を感動させる空間、人が幸せである空間、美しいものを作りたい、そうした気持ちを強く持ちました。これからも一歩づつ前進したいと思っています。


それぞれで暮らす ~穏やかにつながる2世帯~

飯島 千央28歳 神奈川県 2015年度修了

[修了作品について]和菓子屋のある店舗併用住宅を設計。使い勝手など内部のプランを充実させるだけでなく、傾斜地という敷地の特徴を活かした形態にすることをめざしました。制作を通して、「住宅をつくることは、街の風景をつくることだ」と学びました。

[成果、そして、これから]入学したとき、木造建築に関する知識はゼロでしたが、実務に近い内容の課題に取り組むことで、修了する頃には基本的な設計ができるようになりました。修了後は設計事務所に転職。大学院での学びが、実務でも活きていると実感しています。


地形をとりこむ暮らし

渡邉 将平24歳 京都府 2015年度修了

[修了作品について]ヨーロッパを旅した際に、ひとつの建築に感動を覚えたのではなく、街全体に対して感動を覚えました。それと同じような感動を日本で感じることは稀です。そこで私は一つの住宅だけではなく、群としての美しさや、群になることでできる空間、その利便性を追求しました。

[成果、そして、これから]4つの設計課題を行うなかで、2つのスタジオに所属しました。それぞれ違ったアプローチの設計を教わることができ、それは自分の視野を大きく広げることにつながりました。各スタジオで学んだことを自分の中に上手く取り込み、これからに活かせていければと思います。


高野タウンハウス

足立 真輝25歳 神奈川県 2015年度修了

[修了作品について]2年かけて学んだ住宅設計の展開として、ホテルの計画・設計に取り組みました。本計画では「パブリックなホテルの空間」と「プライベートな居住空間」を同じ寸法、スケールの反復のなかに、同時に成立させることを試みています。

[成果、そして、これから]美しい空間を体験し、身体的な記憶を再構築する。建築の普遍的な美しさを探究したスタジオでの2年間は、とても貴重な時間となりました。今後、設計活動をしていく上での、重要な視座を得ることができたと感じています。


HOMEINSIDE

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会