環境デザイン領域日本庭園

Environmental Design Field

一流の現場に立ち、実践を身につける。

日本庭園の歴史を振り返ると「いつの時代にも創造的であったものだけが伝統となり、その伝統が新たな創造性を刺激する」という「創造する伝統」の思想が見えてきます。そして、それこそが、現代に求められている重要な命題だといえます。「庭園史研究」「作庭技術」「文化財庭園の保存修復」を三本柱とする本分野では、日本庭園の歴史を踏まえたうえで、伝統的日本庭園の立地・空間構成・意匠・素材・技法等を実地に検証・考察する中から現在へのメッセージを読み解き、それぞれの研究や作庭、デザインに生かしていきます。

この分野の特長

京都を中心に、東京でもスクーリングを開講週末のみの受講で修了できる

京都と東京それぞれの立地を活かしたスクーリングを開講。土・日のみのスクーリングで修了できる、社会人にも取り組みやすいカリキュラムを整えています。

スクーリング×WEBで効率的に深く学ぶ

実践や現場に即したスクーリングと、WEBを活用した自宅学習を組み合わせることで、レポートや作品の提出・評価などを密にやりとりし、学習成果を高めることをめざします。

学びの要となる三本柱

「庭園史研究」「作庭技術」「文化財庭園の保存修復」を学びの要とし、一流の庭師や文化財庭園保存技術者から直接指導を受けることで、多様な視点から各自の研究を深めていきます。

学びのすすめ方1年次

日本庭園の本質を見極め、その再生と創造に資する力を養う。

環境デザイン演習(日本庭園)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

伝統的日本庭園の本質とは何か。我々はそこから何を学び、未来へ継承・発信すべきか。この命題に応えるため、名庭と向き合い、作庭家の意図、職人の思いを感じ取り、独自の視点を確立していくことが目標です。実地研修と研究発表の二本柱で、文化財庭園の修復現場、石造美術の工房などを訪れ、直接関係者から話を聞いたりもします。その成果を各自の視点から発表し、ディスカッションを通じて、研究テーマを絞り込み、資料収集や分析、調査など、修了研究・制作に向けての骨格づくりを行います。

環境デザイン特論Ⅰ-1、2、Ⅱ-1、2
(テキスト科目)

本科目では、「プロジェクト研究」「工法・技法研究」、それぞれについて基礎的資料収集・調査、あるいは教材の精読、および整理・分析を行います。それらを通して、修了制作の研究テーマを抽出するための基礎知識および観察力を獲得し、さらには自身の研究を客観的に位置付けることのできる判断力を養います。

学びのすすめ方2年次

独自性のある視点と知見を生かし、質の高い研究・制作へ。

環境デザイン研究(日本庭園)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

自身の設定したテーマについて、学術的・芸術的・デザイン的解答を導き出すための演習を行います。先行研究や事例の資料収集などから自身の研究制作の客体化と位置づけを行い、そこから導き出される目的の明確化、方法論を検討、調査、ケーススタディ、分析評価、結論への到達といった一連の研究制作プロセスを通して、専門家としての素養を高め、独自性のある視点と新しい知見を手に入れ、質の高い研究・制作へと結実させていきます。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2017』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2017

学生紹介

山田 耕三46歳 京都府 大学院2年次

東京の大学を卒業し、造園の仕事を始めて約2 0 年。クライアントなどの第三者に、言葉や文章で物事を的確に伝える必要が多くなり、進学を決心。文献や論文などの資料にふれ、スクーリングを受けるたび、まだ知らなかったことの多さに驚かされ、あらためて造園・庭園の奥深さを痛感しています。そして、庭園の見方が変わりました。先生のご指導はもちろん、大学院の先輩や後輩ともつながり、仲間と学びを共有できるのは大きな喜び。学ぶことが多く、時間が足りないと感じることもありますが、家族と過ごす時間が減るぶんL I N Eでグループをつくるなど、自分なりに工夫しています。いま取り組んでいる課題は、修復した庭園が再び荒廃する原因や対応策を探るもの。今後の保存計画の一助になればと思っています。将来は、 庭園やみどりの大切さを分かりやすく情報発信し、社会に貢献できるような「造園家」になりたいです。

■教員 尼﨑 博正(教授)

修了制作 作品ギャラリー

渋江 章子51歳 福岡県 2015年度修了

[修了作品について]自分の暮らす町について、歴史的・空間的変遷を調査し、空間的魅力の源泉を明らかにするのが目的。文献や現地の調査を積み重ね、根拠ある文章を書くのは大変で、途中、あきらめようかとも思いましたが、先生方の丁寧で的確なアドバイスのおかげで完成し、修了することができました。

[進学の目的、成果]日本庭園のみならず、空間全般に関する先生方の徹底したこだわりに、大変刺激を受けました。何となく魅力的だなとか心地良いなと思う空間には、きちんと理由があることが分かりました。あっという間の2年間で、あまり学生生活を満喫する暇はありませんでしたが、先生方や学友との交流、学習会などの行事等、楽しい思い出がたくさんできました。


城下町福岡から国際交流拠点都市への展開
―城下の町割りを留める“大名”地区の役割―

佐藤 亨40歳 栃木県 2015年度修了

[修了作品について]大谷石の出荷状況の変遷について研究しました。先生方にご指導いただきながら資料を調査し、事実を検証することによって、自身が当初抱いていたイメージとはまったく異なる姿が浮かびあがり、認識を改めることができました。

[成果、そして、これから]修了研究を完成させることは、非常に困難であると同時に、非常に充実した体験でした。先生方や学友との交流は、このような学びの場でしか得られない、貴重なものです。この大学院での経験は、今後の私の生活に多大な影響がある、と感じています。


「大谷石の出荷状況の変遷に関する一考察」

澤田 忍48歳 神奈川県 2015年度修了

[修了作品について]仕事をしながら修士論文をまとめるのは予想以上に大変でした。一番大変だった年末に、同期でメールをやり取りして進捗を報告して励ましあったのは良い思い出です。先生方のお正月休み返上でのご指導には、本当に頭が下がる思いがいたしました。

[成果、そして、これから]直接仕事に関係する同期や先輩方とは違って、「学問」を介して知り合えた人たちとは、特別な絆があるように感じます。仕事だけではないつながりが持てる人たちと多く出会えたことは、私自身の財産になっています。


メディアから見た大正期から昭和初期の“中流住宅”の庭 ―『主婦の友』『文化生活』を中心に―

山澤 清一郎37歳 静岡県 2015年度修了

[修了作品について]一般住宅の庭空間にて、なぜ現在のような様式が定着したのか明確にしたいと考えました。研究によって、一般住宅の庭、外部空間がいかに重要か、一部ですが明らかにすることができたのではないかと思います。

[成果、そして、これから]まず、同じ庭園の領域に身を置く方々と時間を共有できたことが、何よりの財産となりました。また、研究調査やスクーリングから得たものは、直接、仕事に役立つだけでなく、今後においても自身の指標となっていくと思います。


「戸外の室」実現に向けての基礎的研究

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会