注目のトピックス
受賞情報
「KG+」の「AWARD2017」でグランプリを受賞!!
2017年04月16日
美術工芸学科 現代美術・写真コース卒業生の森田具海さん
受賞情報
河上眞理 准教授が「2017年日本建築学会著作賞」を受賞
2017年04月14日
共著書『辰野金吾-美術は建築に応用されざるべからず』が評価されました
受賞情報
平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞!
2017年04月19日
環境デザイン学科の中村勇大教授が「理解増進部門」で表彰されました
出版情報
『舞台芸術』20号 ー〈2020年以後〉の舞台芸術
2017年03月25日
舞台芸術研究センター企画・編集の舞台芸術専門研究誌が発行に
出版情報
Webマガジン「アネモメトリ」更新しました(2017.04)
2017年04月05日
今月の特集:奈良・東吉野村 移住と仕事のいま 第1回

美術工芸学科 現代美術・写真コースを今春卒業した森田具海さんの作品《二つの川》

「KG+ KYOTOGRAPHIE サテライトイベント」の「AWARD2017」においてグランプリを受賞!

カテゴリ 受賞情報

「KG+ KYOTOGRAPHIE サテライトイベント」の「AWARD2017」において、美術工芸学科 現代美術・写真コースを今春卒業した森田具海(もりた・ともみ)さんの作品《二つの川》がグランプリを受賞しました!

今年5回目の開催となる「KG+」は、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」と連携しながら、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的にしたアートプロジェクト。事前選考で選ばれた24人が4月中旬に京都市内で展覧会を行い、その展覧会場を審査員がまわって審査、4月16日(土)に審査結果が発表されました。

森田さんが今回グランプリを受賞した《二つの川》は、日本の環境汚染を象徴する水俣川と渡良瀬川をテーマにしたもの。現在の風景を大判カメラを用いて記録する彼の試みが、風化していく記憶を写真によって甦えらせ、未来につなぎます。

今回の受賞により、森田さんにはFUJIFILMX100Fを贈呈されたほか、来年開催される「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2018」のメインプログラムで展示する権利を獲得し、さらに以下のサポートを受けることができます。
・展覧会実施費用 50万円(制作費を含む賞金)
・会場使用料
・KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018カタログ掲載・広報

なお、森田さんの展覧会は4月23日(日)まで開催されています。ご興味のある方は、リンク先をご確認ください。

<画像>Two Rivers ©Tomomi Morita

■主催 KG+実行委員会
■URL http://www.kyotographie.jp/kgplus/portfolio/tomomi-morita/
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FKGplusevent%2Fposts%2F1377995075600344
■関連卒業生 森田具海(美術工芸学科 現代美術・写真コース2016年度卒業)
関連機関 美術工芸学科