一覧へもどる

安部 由香子

2009年卒安部さん

安部 由香子
染織テキスタイルコース
Textiles Course

Q1 / 子供の頃の傑作を一点紹介してください

針金を使って作る課題。形は泡立て器をイメージした「雲の上の宮殿」。素材は自由だった(と思う)ので、手芸屋さんで選び抜いた素材を使用。綿を敷き詰めラメをふりかけ、四隅には雫型のビーズを付けた街灯のようなものを立てた。2年後5年後と同じ形の作品を作って持って帰ったが、妹弟には好評だったようです。

Q2 / 高校時代の失敗談をこっそり教えてください

数えきれないくらい。でも、これは失敗だったと思う出来事は、正直覚えていません。勿論、瞬間はへこみますが、失敗も良い経験と思える都合のよい脳みそです。

Q3 / 美術工芸学科を選んだ本当の理由は何ですか

ずっと、ものづくりを続けたかったから。美術工芸学科には染織があったので、ピンときて迷い無く選びました。高校時代は漆をやっていました。伝統工芸が好きです。

Q4 / 入学後一番に描いた作品は?

悲しいくらい全く覚えていないです。ポストカード1日1枚の課題かな。

Q5 / 大学時代のお気に入りの場所はどこですか?

織室。窯場。教室のお茶コーナー。基本的に染織の教室が好きです。いつ行っても心落ち着きます。美工棟の前も太陽燦々と気持ちのよい場所です。

Q6 / 貴方の今を等身大で紹介してください

支援員・アートサポーター
障害者施設で生活ケアを行うと共に、アート活動に関する全般(制作サポート、ワークショップ、作品管理、展覧会企画・準備等々)を担っています。彼らの表現を通して、日常の中にアートが存在することを日々実感しています

Q7 / 10年後の貴方のいる光景をイラストで描いてください

福祉の現場は人と人。これからもずっと、人と人の現場で働き続けたいです。

ページの先頭へ