東アジア高校生国際公募展 終了に関しまして

 東アジアの若い才能を育成し、芸術を通じた国際交流の場を設ける機会として創立した東アジア高校生国際公募展。過去6回の開催により、日本、韓国、台湾、中国の高校生から15,940点もの応募作品が集まりました。
 過去6回の開催では、公募展・入賞者研修を通じ、各国の高校生や芸術教育に関わる方同士の交流の場を創出して参りました。
これらの活動により、芸術を通した各国の連帯を強固とする目的に関して一定の成果をあげたと考え、第6回開催を持ちまして、東アジア高校生国際公募展を終了したく存じます。
 東アジア高校生国際公募展は終了となりますが、各国のより良い未来をつくる活動に関しては今まで以上に取り組む所存です。引き続きよろしくお願い申し上げます。

 最後に、東アジア高校生国際公募展へご応募頂きました高校生のみなさま、教員のみなさま、また企画に対し多大なる支援を下さいました企業・学校関係者のみなさま、本公募展にご協力いただき、誠にありがとうございました。心より厚く御礼申し上げます。

京都造形芸術大学
副学長 大野木 啓人

第6回 東アジア高校生国際公募展 受賞作品

※国別部門による審査は行わず、各国共通審査となります。

第1回〜第5回 東アジア高校生国際公募展 受賞作品